2019/01/17

Vim三連覇なるか!? 激動の2018年人気NO.1テキストエディタを発表!

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/jdraft/blog/123f4039-42ed-4ec4-b9a3-0e8ea737b46a.png

今年もやってまいりました。テキストエディタ冬の陣。
2018年は一体どのエディタに人気の軍配が上がるのでしょうか。

今回も転職ドラフト登録ユーザのデータを元に集計し、「3年間の使用率推移」「高額指名者が愛用するエディタ」「指名額別にみる愛用エディタ」など、様々な視点から分析を行なっていきたいと思います。

  • 集計は12/20現在
  • 複数入れてる方はそれぞれに1票ずつ加算しました

2018年度版 エディタ使用率を大公開!

まずは、この2018年内に転職ドラフトに登録したユーザのエディタ使用率をグラフにしてみます。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/jdraft/blog/c0e30fe3-4f98-4f88-9029-b630d98d4c44.png

エディタ 2018
Visual Studio Code 21.00%
Vim 18.50%
Atom 11.80%
サクラエディタ 10.80%
JetBrains系IDE 7.70%
Sublime Text 6.70%
Emacs 3.80%
秀丸エディタ 2.90%
その他 16.80%

2016年、2017年と他を寄せ付けない圧倒的差をつけたVimですが、
2018年はなんと2位に転落しました!

まさかの結果に「Vimじゃないのか…」とショックを受けた(?)方もいるかもしれませんが、
今年は票が割れ、激戦の結果に!

ではこの結果を、3年間の推移で比べるとどうなるでしょうか?

2016-2018 エディタ使用率推移

※転職ドラフトの登録ユーザーを登録年ごとに集計したものです。

順位 2018 2017 2016
1位 Visual Studio Code : 21.00% Vim : 22.30% Vim : 27.00%
2位 Vim : 18.50% Atom : 13.80% Atom : 13.30%
3位 Atom : 11.80% Visual Studio Code : 12.00% Sublime Text : 11.00%
4位 サクラエディタ : 10.80% サクラエディタ : 9.40% サクラエディタ : 7.50%
5位 JetBrains系IDE : 7.70% Sublime Text : 8.00% Emacs : 7.40%
6位 Sublime Text JetBrains系IDE JetBrains系IDE
7位 Emacs Emacs Visual Studio Code
8位 秀丸エディタ 秀丸エディタ 秀丸エディタ
9位 その他 その他 その他

順位激動の2018年。
Visual Studio Codeが下克上を果たしました!
2017年からメキメキと頭角を現し、2018年ついに首位獲得です。

3位から7位は若干の入れ替えがありつつも、VimとAtomの並びは変わらず。
とはいえ、Vimは2018年と2016年を比較すると8.5%もシェアを落としています。

同様にSublime Textも3年間で少しずつ順位を落としています。

ところで、サクラエディタの順位が3年間不動なところが面白いですね。
根強い固定ファンがいそうです。

備考
「あれ?去年一昨年のデータと順位違くね?」と思った方、鋭いです。
(毎年ドラフトの記事を読み込んでくださってありがとうございます。)
上図のデータは転職ドラフト全登録者を対象に登録年ごとに集計しているため(去年一昨年は審査通過者のみが対象)、数字に誤差が生じております。ご注意ください。

続いては、高額指名者が愛用するエディタの調査結果を見ていきましょう。

高額指名者が愛用するエディタを調べてみた

転職ドラフトと言えば、お金に関する話題は外せません。
1000万円以上の指名を受けたユーザが愛用するエディタは何なのか気になりませんか?

そこでニーズがありそうなこの疑問の答えを導くべく、データを集計してみました。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/jdraft/blog/76e49e2d-6f48-47cd-980f-0682ca55fb09.png

エディタ 1000万円以上 900万円台 800万円台 700万円台 600万円台 500万円台 400万円台
Vim 33.00% 39.10% 31.80% 30.60% 26.90% 23.40% 20.10%
Atom 17.50% 12.60% 12.20% 12.20% 14.00% 14.90% 19.40%
Emacs 12.60% 11.50% 11.00% 8.70% 6.60% 3.30% 3.00%
JetBrains系IDE 12.60% 11.50% 13.00% 13.50% 12.30% 11.10% 8.20%
Visual Studio Code 6.80% 10.30% 12.70% 14.50% 17.90% 20.90% 17.90%
Sublime Text 4.90% 2.30% 5.20% 7.50% 8.40% 10.10% 9.00%
サクラエディタ 1.00% 2.30% 0.60% 1.70% 1.80% 6.00% 6.00%
秀丸エディタ 0.00% 0.00% 1.10% 0.60% 0.90% 1.90% 3.70%
その他 10.70% 10.30% 12.40% 10.70% 11.10% 8.40% 12.70%

結果はVimの圧勝!やはりVimは強かった…!
2位のAtomとはほぼダブルスコアで差が開いています。

興味深いのは、全体支持No.1のVisual Studio Codeが、高額指名者からの支持は低かったこと…。

このデータを見て我々は思いました。
「もしかして指名と愛用エディタには密接な関係があるのでは?」

注目すべきは、全登録者を対象にした使用率データとの順位の差です。
比較すると、1位〜3位の違いが顕著に見て取れますね。

全体支持を取ったVisual Studio Codeですが、指名をもらった人からの支持は、どの指名額帯から見てもやや弱い印象です。

対してVimは1000万円以上の指名者では若干票を落とすものの、400〜900万円台では右肩上がりのシェアを誇っているのが読み取れます。

極論、Vimmer = 「強い」とも言えそうです。

今年も転職ドラフトのエンジニアにこの結果を見てもらったところ、

・僕はneovimをはじめました(前回34歳だった男性)
・僕はAtomでSublime Textをやめました(30代中盤男性)
・Jet Brains が有料なのにもかかわらずジワジワと順位を上げていることにも注目してほしい(30代男性)

というコメントが寄せられました。
やはりどのエディタを愛用するかにおいては、個々のこだわりがありそうですね。

今後もランキングにドラマが生まれるか?来年もお楽しみにー!

※: 転職ドラフトは利用エディタによって人の能力に優劣があるとは考えておりません。また宗教戦争は望んでおりません。

「エンジニアの価値は世界が決める」転職ドラフト2019年09月18日開催予定!

企業があなたを年収付きで指名する「転職ドラフト」。
ITエンジニア限定の転職サイトです。

「私の実力ではいくらの年収を提示されるのか」
「市場価値を上げるには、今後どんなスキルを身につけるべきなのか」

提示年収を見てから選考に進むか決められるから、転職意欲が高くなくても大丈夫。
自分の年収を知りたいからという人も、ぜひお気軽にお試しください!

転職DRAFT
次回開催まであと
59
登録・審査申請はお早めに!
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

取材をご希望の方
転職DRAFT Reportの取材を受けたい企業様・ITエンジニアの方はこちらからその旨お問い合わせください。
SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?