2020/08/13

審査を通過した方でもフィードバックを受けられる、再レビュー機能をリリースしました

https://jdraft.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/blog/5ae66ef1-4830-4767-bb76-0ea705c8df9c.png

■概要

この度、レジュメ審査を一度通過された方でも、レジュメ内容のレビューを審査チームに再度依頼できる「再レビュー機能」をリリース致しました。

これにより「前回参加した時よりも、キャリアやスキルが上がっている」という方は、新たなスキルを書き足してレビューしてもらうことで、さらに指名をもらえるような内容に仕上げられます。

また「以前参加した時は、思うような結果を残せなかった」という方は、レジュメをレビューしてもらうことで、内容をブラッシュアップすることができます。

■詳細

  1. 対象者:転職ドラフトに1回以上参加したことがある方
    (初回参加回が終了していること)
  2. 再レビューを依頼できる期間:N月回指名終了時からN+1月回開催直前の月曜0:00まで
    (例:例:4月回指名終了時から5月回開催直前の月曜0:00まで)
  3. 依頼方法:該当ユーザーの方には、上記の再レビュー受付期間中ダッシュボードにフォームが表示されます。

https://jdraft.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/blog/8e687ec0-2ac2-4d5e-b4ee-376717c64dd3.png

再レビューの依頼は、レジュメを修正する前でも修正した後でも構いません。例えば「自分はこういう強みをアピールするレジュメを作りたいと思っているが、この書き方で伝わっているか?」という依頼を、修正前に送ることも可能です。

また、レジュメを修正した後に「この部分を修正したので、チェックしてほしい」という内容で依頼することもできます。依頼された内容は原則3営業日以内に返信致します。

■背景

転職ドラフトではエンジニアとして長期的なキャリアを形成していくために「自分のスキルを定期的に棚卸しして、現在の市場価値を確認すること」を推奨しています。

自分のスキル棚卸しすることは「今までの業務や実績をしっかり言語化して振り返ること」といえます。

これは「自分が目指していたキャリアアップやスキルアップを実現できているか、もし実現できていない場合どのように立て直すか」という戦略を練るために非常に重要です。

その上で、現在の市場価値を知ることは「自分のスキルは、市場が評価するスキルの方向性と合っているか」を確認する場です。

なぜなら、市場が求めるスキルや評価する実績は常に変化するもの。そして「自分が目指す方向と、市場のニーズが合致していない」という場合もあり得ます。

このような市場の変化は、例えば所属している企業『だけ』の閉じた世界だけでは知ることはできません。だからこそ他のコミュニティで自分がどういう評価を受けるのか?などを確認して、自分の適正な市場価値を知ることが重要なのです。

このような考えのもと、転職ドラフトへの参加を「スキルの棚卸しと市場価値の確認」の機会として活用してもらいたいと考えていました。

しかし、これまではレジュメのフィードバック対象は新規会員のみで、既にレジュメ審査を通過された方にはレジュメを更新しても、その内容をレビューしてもらう機会を提供できておりませんでした。

そこで、より効果的にキャリアの棚卸しをする機会を、さらに多くのエンジニアに提供するために「再レビュー機能」をリリース致しました。

今後この機能を、スキルの棚卸しや成長戦略の見直しに積極的にご活用頂ければ幸いです。

「エンジニアの価値は世界が決める」転職ドラフト2020年10月21日開催予定!

企業があなたを年収付きで指名する「転職ドラフト」。
ITエンジニア限定の転職サイトです。

「私の実力ではいくらの年収を提示されるのか」
「市場価値を上げるには、今後どんなスキルを身につけるべきなのか」

提示年収を見てから選考に進むか決められるから、転職意欲が高くなくても大丈夫。
自分の年収を知りたいからという人も、ぜひお気軽にお試しください!

転職ドラフト
次回開催まであと
26
登録・審査申請はお早めに!
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

取材をご希望の方
転職ドラフト Reportの取材を受けたい企業様・ITエンジニアの方はこちらからその旨お問い合わせください。
SIGN UPSIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?