[2020年11月回の開催期間変更につきまして](https://job-draft.jp/release)

2020/11/05

提示年収非公開回を開催した結果について

https://jdraft.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/blog/1eb2996a-8e7e-45af-a69a-4cf2853c83dc.png

こんにちは、転職ドラフト運営です。2020年の8月回にて「提示年収非公開回」を開催いたしました。

ご参加とご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今回は「提示年収非公開回」に対しての分析結果をお伝えできればと思います。まずは、簡単に開催背景をお伝えできればと思います。

開催背景

転職ドラフトはサービス開始時より、企業がエンジニアに指名(スカウト)を送る際には事前に年収を提示することになっています。
そして提示された年収は過去の開催も含め転職ドラフトのサイト上にリアルタイムで公開しておりました。

ですがこれにより、これから受け取る指名の提示年収が、公開されている今まで受け取った指名の金額に影響され増減し、

  • 転職ドラフトの「実力が正当に評価される」というビジョンに反しているのではないか
  • ひいては、指名をもらうエンジニアや企業にとって不利益が起きている可能性があるのではないか

という懸念がありました。

そこで今回「提示年収非公開回」という全ての提示年収を非公開にして行う特殊な回を行
うことによって、公開/非公開時の提示年収に差異があるのかを検証することにいたしました。
(詳しくはこちらをご確認くださいませ)

わかったこと

  • 提示年収が公開されていることによって、わずかながら先に提示されている年収に近い金額が提示されやすくなる
  • 提示年収が公開されていることによって、提示年収額は若干低めになる
    • ただし、その影響は提示年収水準のトレンドや誤差の範囲にとどまる程度に小さい
  • 全体的な指名数は過去の年収が公開されてるかどうかの有無にほとんど影響を受けない
    • ただし、他企業の提示年収がわからないと希望年収のあるユーザーへの指名控えが発生する傾向がみられた

詳しい分析につきましては、弊社のアナリティクスブログにて公開しておりますので、
ご確認いただけますと幸いです。
※データサイエンティスト向けの、より詳細な分析はこちら

今後について

今回の結果を受け、転職ドラフトとしては、

提示年収の公開/非公開により、提示年収へ上記のような影響は確認されたが、「実力が正当に評価される」というビジョンに反するほどのものではない

という結論に至りました。

また、今後についても 指名年収を公開することについて方針の見直しは予定しておりません。

これは、「実力が正当に評価される」ためには「不透明な転職市場の透明化」が不可欠だと考えているためです。

開催には我々としても勇気がいる決断で、ビジョンに相反する開催を今まで行ってきたことを知ってしまう怖さなどがありましたが、今回の開催で我々が目指している「実力が正当に評価される世界の実現」に向けて、また一歩近づくことができたと思っています。

今回わかったことは課題として認識しながら、引き続きビジョン実現に向けてプロダクト開発を行なっていきます。

今後とも転職ドラフトをよろしくお願いします。

「エンジニアの価値は世界が決める」転職ドラフト2020年12月16日開催予定!

企業があなたを年収付きで指名する「転職ドラフト」。
ITエンジニア限定の転職サイトです。

「私の実力ではいくらの年収を提示されるのか」
「市場価値を上げるには、今後どんなスキルを身につけるべきなのか」

提示年収を見てから選考に進むか決められるから、転職意欲が高くなくても大丈夫。
自分の年収を知りたいからという人も、ぜひお気軽にお試しください!

転職ドラフト
次回開催まであと
15
登録・審査申請はお早めに!
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

取材をご希望の方
転職ドラフト Reportの取材を受けたい企業様・ITエンジニアの方はこちらからその旨お問い合わせください。
SIGN UPSIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?