株式会社フィードフォース

ソーシャルログイン / ID連携サービス「ソーシャルPLUS」
 バックエンドエンジニア への自己推薦

この課題に対する想定年収
600万円

※ 想定年収が少し高いくらいで大丈夫。転職ドラフトで転職を決めた方は年収を平均して約150万円上げています。
※ この金額は、この課題を解決できる人を想定した年収です。上限でも下限でもありません。
※ 自己推薦が企業に OK されると、あなたに対する年収と詳細条件が提示されます。
※ 提示年収と内定年収には「90% x 90% ルール」が適用されます。詳しくは こちら を参照してください。

チームの課題

課題に基づく、あなたに力を貸してもらいたい仕事

ソーシャルPLUS のバックエンド開発を担っていただきます。
既存システムのリデザインや LINE 対応の強化など、チームメンバーと協力して主体的に携わっていただきたいと考えています。

## 具体的には

* Ruby on Rails による API を中心としたバックエンドシステム設計・開発
* 保守・拡張性を担保するようなコーディング・設計・リファクタリング
* 開発メンバー同士のコードレビュー
* プロダクトに使用する技術/アーキテクチャの選定
* LINE, Google, Yahoo! JAPAN などログインプロバイダの情報キャッチアップ
* スクラムやアジャイルを基本理念とした開発計画

課題

### チーム全体の課題と優先事項

システムとしては、稼働7年目ということもあり安定運用が第一のサービスです。また認可を扱っているので、認可プロバイダの仕様変更への追従も優先されます。
技術的負債はできるだけ早く返済できるよう、しっかり時間をとるようにしています。

サービスの利便性をさらに高めるべく、既存システムのリデザインや LINE 対応の強化をはじめ、今後は Shopify Store に簡単に導入できるよう、Shopify との連携も進めています。
サービスの成長が順調で、チームとしては新しいチャレンジをさらに増やしていきたいのですが、バックエンドタスクの増加に伴い、バックエンドメンバーの増強が必要と考えています。

このようなタスクや課題については、プロダクトマネージャーとこまめに認識合わせをしながら、エンジニアが主体的に取り組んでいます。

### 開発チームの課題

#### バックエンドのタスクが多くなりがち
サービスの性質やフェーズ上、どうしてもバックエンドのタスクが多くなりがちです。コーディングそのものはともかく、レビューのスピードや精度がなかなか上げられず課題に感じています。
このスピードが上がると、デザイナ・フロントエンドと組んでもっとデリバリーを増やせるのになぁ…!という気持ちがあります。

#### チームでのフォロー体制を整えたい
バックエンドの開発タスクが増加する中、これからますます成長角度を上げていきたいフェーズに入り、バックエンドの増強をしたいと考えています。

課題を説明する人

214df47a 0295 4c5e 8082 8eac7c5fb2f7
ソーシャルPLUSチーム 開発リーダー佐藤
略歴・現在の担当内容

1984年生まれ。ソーシャルPLUSの開発リーダー。Ruby on Rails でバックエンドを担当したり、サービス全体の設計や方針決めなどにも関わっています。プライベートでは gem を作ったり Serverless Framework を使った開発なども好きです。ポーカーが好きで社内でのお昼休みにテキサスホールデムをやっていますが、最近は周りがガチ勢過ぎて全然勝てなくなってしまいました。。

アピールコメント

ソーシャルPLUS は、エンドユーザーの会員登録や再ログインがかんたんになる「ソーシャルログイン」を一括で実装できる BtoB(toC)の ID 連携サービスです。主に企業のマーケター向けのサービスであり、 ID 連携を通じてコンシューマー(エンドユーザー)への継続的なリーチや商品購入後のフォローなどの価値を提供しています。今後も企業とコンシューマー双方にとっての価値をより追求していきたいです。

チームについて

チームのプロダクト

7cf5039c 3be5 45fc b3a7 038009f04f86 product
プロダクトについて

ソーシャルPLUS は、WEBサイトでの会員登録や再ログインがかんたんになる「ソーシャルログイン」を複数プラットフォームまとめて一括で実装できる BtoB(toC)の ID 連携サービスです。

ソーシャルログインによりWEBサイトの ユーザID とプラットフォームの ユーザID が連携されるので、ユーザーとのコミュニケーションチャネルが広がるとともに、より精度の高いコミュニケーションが可能となります。

対応するプラットフォーム(認可プロバイダ)には LINE や Yahoo! JAPAN、Google などがあります。とくに 2016年からは LINE Messaging API によるセグメンテーション配信や 1to1 トークに対応し、コンシューマー(エンドユーザー)への継続的なリーチや商品購入後のカスタマーサポートなどが可能になりました。

サービスの利便性をさらに高めるべく、既存システムのリデザインや LINE 対応の強化をはじめ、今後は Shopify Store に簡単に導入できるよう、Shopify との連携も進めています。

2020年9月にはLINE株式会社が提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」の「Technology Partner」において、認定バッジ「Performance」を取得しています。

このプロダクトの分野
  • その他
  • プロダクトによって実現したい世界

    ## 生活者にメリットをもたらす社会的に意義のあるサービスに

    BtoBtoC のサービスなので、ソーシャルログインを利用する Consumer = 生活者にメリットを感じて沢山利用してもらえるサービスを目指しています。テクノロジーで世の中をより良くしていきます。単なるソーシャルログインサービスではなく、企業と生活者をプラットフォームの ID で繋ぎ、最適なタイミングで最適なチャネルによるコミュニケーションを実現可能にして、最適なコンテンツを提供する土台を築いていきます。

    また、企業の課題を解決するだけでなく、企業が実現したい事の先に生活者にとってメリットがあるかを重要視した機能追加やサービスの活用提案を行なっています。クライアントファーストではなく、全てがユーザーファーストの考え方です。

    ## マイクロサービスの API 連携

    エンタープライズ企業もターゲットではありますが、中規模の企業にも ID 連携を軸にした施策が安価で実現できるよう、積極的にECパッケージやCRM・DMP・メール・LINE配信等のコミュニケーションツールとの連携を進めています。

    ソーシャルPLUS はID 連携に特化して、あらゆるマイクロサービスと負担の少ない連携方法にて連携して、高価なパッケージのサービスではなくとも、中小企業の予算感で生活者にメリットをもたらすいろいろな施策が試せる環境を生み出していきます。

    チームの文化や特徴

    ## 技術面でのアピール・課題・考え方

    ### 全体

    - Rails を使いこなすシニアエンジニアが技術リーダーです
    - 肩書きはありませんが、フロントエンド、インフラにもそれぞれっょぃエンジニアが揃っています
    - どの職能でも2人以上で相互にレビューをしながら開発しています
    - 少なくともイテレーションごとに職能を超えた開発共有も行っています
    - レビューや CI、技術的負債返済の文化がしっかりあります
    - 属人化しないよう気をつけつつ、得意なことはどんどんリードしてもらう雰囲気です
    - 監視・通知は Slack に集約していますが、まだまだ改善の余地があります
    - 最近 専任のデザイナーを迎え、プロダクト全体の整理とリデザインに取り組んでいます
    - エンジニア・デザイナーが週1で集まって行う社内勉強会があります

    ### バックエンド

    - 主に 2 人で開発しています
    - 開発環境は docker 上に構築した Rails システムです
    - 設計や「決め」で悩んだらチームで相談しながら進めていきます
    - フロントエンド、インフラと協力しながら作業しています
    - 主な技術スタックは Ruby, Rails, SQL(MySQL) です

    ### フロントエンド

    - 主に 2 人で開発しています
    - 主体的に見つけた課題に対してストイックに挑戦していくような雰囲気があります
    - コード規約チェックや CI、E2E の自動化などを行ってプロダクトの質を高めています
    - 安全で保守性の高いコーディングを行っています(型の利用)
    - 主な技術スタックは TypeScript, React, Redux です

    ### インフラ

    - 主に 1 人で開発しています
    - Infrastructure as a Code に取り組んでいて、それらのリファクタリングも随時行っています
    - より安定的なサービス稼働を目指し、インフラ構成の見直しや運用コストの削減を重視しています
    - インフラだけでの対応が難しい場合はバックエンドのメンバーと協力してアプリケーションレベルで見直す事もしています
    - 現在はサーバ環境のコンテナ化(Kubernetes)の検証に取り組んでいます
    - 主な技術スタックは AWS, Terraform, Chef, Packer, Serverspec, Fluentd, Datadog です

    ### デザイナー

    - 人数は1人ですが、チーム内外のメンバーに積極的に関わってデザインします
    - ステークホルダーの課題や解決策を素早く視覚化してチームに共有します
    - 失敗と改善を繰り返して、チーム全体で目指せる共通のゴールを作成していきます
    - フィードフォース全体のブランディング整備にも取り組んでいます
    - 主な使用ツールは、Adobe XD, Sketch, Abstract です

    このチームが扱う、主要な言語・フレームワーク

    Ruby, Ruby on Rails, TypeScript

    このチームが扱う、その他主要でない言語・フレームワーク

    チームの規模

    20人以下

    チームにおけるエンジニア比率

    70%以下

    懇親会や飲み会の頻度

    半年に1-2回程度

    その他備考

    ## チーム全体での開発の進め方

    ### イテレーションと計画

    1イテレーションを2週間として、本番リリースは随時行っています。
    前のイテレーションの最終日(金曜)にタスクの棚卸しと振り返り(KPT)を行い、その時点での優先課題をプロダクトマネージャーとすり合わせします。翌週のイテレーション開始日(月曜)は開発メンバー全員で TODO を決めて、ポイントの見積もりなども行います。
    現在のタスクは、バックエンド、フロントエンド、インフラでバラバラの課題に取り組むことも多く、計画時には一度それぞれで進めるべきタスクを整理したあと、再度チーム全員で確認するという手順を踏んでいます。

    現在タスクの管理は GitHub Issue/PR と Waffle.io, GitHub Project を利用しています。

    ### 開発とリリース

    主な開発環境は docker 上で構築されています。staging 環境での動作確認を経て、互いにコード設計にまで踏み込んだレビュを行い、本番へデプロイという流れになります。コードレビュは GitHub PR を用いて行い、PR を経ないマージは行いません。また本番へのデプロイ作業は Slack からコマンドで実行できるようになっています。

    バックエンド、フロントエンドはもちろん、インフラもコード化されており、CI もそれぞれ実施しています。

    このチームで恒常的に行われている開発文化を選択してください

    このチームで自動化できている項目を選択してください

    このチームに導入し、運用されているツールを選択してください

    テストを書いているかどうか

    書く必要がない・または少ないプロダクトだ
    全く書けていない
    書く文化がまだ浸透しておらず、必要な分は書けていない
    書く文化は浸透しているが、まだ必要な分は書けていない
    必要な分は書けている

    ライブラリなどを更新しているかどうか

    定期的に更新する必要がない・または低いプロダクトだ
    ほとんど更新していない
    不定期だが更新している
    期間を決めて定期的に更新している
    期間を決めて定期的に自動で更新している

    チーム内のエンジニアの発言力

    エンジニアの意見が通りづらい
    どちらかといえばエンジニアの意見が通りづらい
    職種による差はない
    どちらかといえばエンジニアの意見が尊重されやすい
    エンジニアの意見が尊重されやすい

    スケジュール調整のしやすさ

    納期や仕様が優先されやすく、エンジニアの裁量では調整しづらい
    どちらかといえばエンジニアの裁量で調整しづらい
    どちらともいえない
    どちらかといえばエンジニアの裁量で調整しやすい
    納期や仕様をエンジニアの裁量で調整しやすい

    プロダクトの内容を決める人

    主にエンジニア以外が考えて決める
    どちらかといえばエンジニア以外が考えて決めることが多い
    どちらともいえない、または職種間の差はない
    どちらかといえばエンジニアが考えて決めることが多い
    主にエンジニアが考えて決める

    チーム内の職種間の協力体制

    各職種のリーダーへ話を通したり規則がある等で協力しづらい
    どちらかといえば協力しづらい
    どちらともいえない
    どちらかといえば協力しやすい
    職種間の風通しもよくいつでもカジュアルに相談しあえるなど協力しやすい

    チームの方針決定をする人

    会社が大まかな方針を考えており、ほぼトップダウンで決まる
    会社が大まかな方針を考えているが、チームも一定の範囲内で決定に関わる
    どちらともいえない
    チームが主体的に考えて決めるが、会社の方針に左右される面もある
    チームが主体的に考えて決めており、会社はあまり個々のプロダクト方針にかかわらない

    長期的価値の優先度

    短期的な売上を重視せざるを得ない状態である
    どちらかといえば短期的な売上が重視されている
    どちらともいえない
    どちらかといえば長期的なユーザ価値を重視できている
    長期的なユーザ価値が重視できている

    労働条件や会社について

    会社の文化

    雇用形態

    正社員

    勤務地

    東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F

    勤務時間

    フレックスタイム制(コアタイム10:00 ~ 16:00)

    休日・休暇

    * 完全週休2日制(土・日)、祝日 * 年末年始休暇 * 特別休暇 * 有給休暇(入社3ヵ月後~)※初年度14日付与

    その他待遇

    ## 待遇 * 給与体系:月給+賞与 * 賞与:年2回 * 残業手当:別途支給 ## 福利厚生 * フルリモートワーク可能 * 社会保険完備 * 交通費支給(実費) * 扶養手当 * 家賃補助 * 4駅以内に住むと、家賃補助が出る制度です(2駅以内:2万円、4駅以内:1万円) * 健康増進手当 * リモート手当 * 英語学習支援制度 * 自己学習支援制度 ## その他(細かいですが気になるポイント) * 宅配物を会社で受け取っていい * 全社員が同じチャットツール(Slack)を使っている * Slack で雑談してもいい * 飲み会を断っても変な空気にならない * 社名出しで SNS やブログ書いてもいい * 社内でゲームができる * 社員旅行がない / ハロウィン特に何もしない * オフィスグリコでアイスが買える

    試用期間について

    3ヶ月(本採用時と待遇に変動ありません)

    自己推薦の利用には会員登録が必要です。
    登録済みの方は ログイン してください。
    未登録の方は 会員登録 してください。
    ※ 自己推薦の利用条件は以下となります。詳細は こちら
    • 審査を通過したユーザーであること
    SIGN UPSIGN IN


    このサービスを友人に薦めたいですか?