「チャットコミュニケーション」の最適化により売上最大化に貢献、選ばれ続け解約率1%のSaaSへと成長。

Micoworks株式会社

何をやっているのか

Micoworksは、「チャットコミュニケーション」の最適化による業務効率化と売上向上の支援を行うSaaS『MicoCloud』を展開しています。

顧客コミュニケーションの一元管理のほか、
・顧客情報データベース管理
・リード、リピーターの獲得
・マーケティング活動のための分析
を可能としたツールで、これから新規開発も予定しています。
チャットコミュニケーション上で行われるマーケティング活動の全てのサポートを可能としたサービスです。

■これまでの課題
モノ・サービスを販売したい企業のほとんどが抱える悩み。
それは、消費者に適切な情報提供ができていないことです。
その要因の一つとして、消費者が何を考えているのかが分からないことが挙げられます。
一方で消費者は、自分の嗜好にマッチした情報が届けてもらいたいと思っているにも関わらず、
不必要な情報ばかりが届いている悩み潜在的に存在していました。

なぜこのような現状が生まれているのか、それは企業側に次のような課題があるからです。
 ●“これまで”の慢性的なマーケティングツール課題
 ・Webツール導入は費用・運用面で障壁が高く、導入しても現場スタッフが使いこなせない
 ・デジタル化により効率化していきたい一方、既存の顧客管理システム(CRM)は高機能・高単価で導入障壁が高い
 ・ツール導入企業でもデータ活用ができておらず、顧客の嗜好やニーズが理解できていない

 ●“いま”生じている業界課題
 ・仮に、導入していても、Googleによるcookieの廃止が決定したことで、2022年にはこれまでのオンラインマーケティングが通用しなくなる
 ・未導入企業は、複雑化するマーケティングツールの最適解を見出せないでいる

“これまで”と”いま”の2つの課題のソリューションとして『MicoCloud』が受け入れられています。

■『MicoCloud』は、「リッチコミュニケーションサービス」市場の「No.1」が視野に入っています。
グローバルでは、「チャットコミュニケーション」は「リッチコミュニケーションサービス」市場に分類されます。

「チャットコミュニケーション」の一元管理の先にあり、注目を集めているのが「チャットコマース」市場です。
『MicoCloud』は、チャットコミュニケーションとチャットコマースの掛橋となるサービスです。

既に当たり前となったECは年々上昇傾向であるなか、より生活に溶け込んだチャットを切り口としたチャットコマースに注目が集まっています。
アジア7カ国だけで今後3~4年で5兆円の市場規模になると言われています。
チャットコマースは、闇雲にやっても成果が出るわけではありません。『MicoCloud』を通じて出来る独自の一元管理・分析・改善を行うことによって、企業のオンラインマーケティングは個別最適化され、売上300%成長、解約率1%をきるSaaSプロダクトに成長し、次の事業展開を考える段階へと入ってきています。

なぜやるのか

グローバルにおいて、「リッチコミュニケーション」市場は大きなトレンドができ始めています。
一歩先を進む海外市場において、市場拡大は顕著です。チャットツールを活用し、個別最適化された接客を実現できる「BtoC向けコミュニケーションプラットフォーム」の領域は、国外問わず急成長が見込まれ、市場形成が始まっています。
特にアメリカとインドは、「リッチコミュニケーションサービス」市場を牽引しています。
アメリカ・インド文化圏の消費者における調査では、「メッセージによるカスタマーサービスを最も好む」との結果が出ました。

リッチコミュニケーションサービス市場を押さえるというのは、まさに
「コミュニケーションのインフラを押さえる」
といっても過言ではありません。
アメリカではGAFAの一角、旧Facebook社が、去年末に『MicoCloud』と類似機能を持つシリコンバレー発のスタートアップの買収を決定しました。その買収額は10億ドル、Instagram以上の買収価格であるだけでなく、同社のこれまでの歴史の中で過去最大規模となり注目を集めました。

これまでの歴史からみて、「リッチコミュニケーションサービス」市場拡大の波は、日本にもすぐに到達すると考え、まずは国内でのNo.1シェアの獲得を予定しています。
海外事例)
・2020年:旧Facebook社が「Kustomer」をおよそ10億ドル(1100億円)で2020年に買収
     (Instagramを超え過去最大規模の買収)
・2020年: 東南アジア市場を牽引しているスタートアップ「ManyChat」が数十億円規模の調達発表
・2021年:インド発のスタートアップ「Gupshup」調達金額422億円、企業評価額1529億円

どんな仲間がいるのか

システム開発の経験が豊富なエンジニアが中心のチームです。

・4割以上のエンジニアが過去に CTO あるいは技術責任者を経験
・8割以上のエンジニアがシステム開発経験10年以上

エンジニアの多くが PHP または AWS を得意としています。ゲーム開発やマーケティングツール、toC サービス開発などバックグラウンドは様々です。全員がリモートで稼働しており非同期なコミュニケーションでもくもくと作業するチームです。

転職ドラフトに参加して
企業から指名を受け取ろう!
会員登録をして転職ドラフトに参加すると、参加企業から年収付きの指名を受け取ることができるようになります。
会員登録する

入札参加回数

13回

会社情報

代表者名山田修
設立年2017年
上場非上場
資本金6億525万円円
売上高非公開円
従業員数92人
平均年齢29.0歳
住所大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 WeWork御堂筋フロンティア
会社HPhttps://micoworks.jp/
TECH BLOG未入力
GitHub未入力
Qiita Organization未入力

求める使用技術

  • SQL
  • PHP
  • AWS

Micoworks株式会社の文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

楽しみ

休みと時間

選考

SIGN UPSIGN IN


転職ドラフトを友人や同僚に薦める可能性はどのくらいありますか?