ID:8320さん

自己推薦一覧

自己推薦はありません

3年後の目標や野望


事業のコアになる技術を開発したい

事業をリードできるような技術を身に着けたいと考えています。今のところ、今の仕事では専門性のあまり必要ないアプリケーション開発の仕事が多く、尖ったスキルを身につけられるのか不安に感じています。また、今後結婚などでライフステージが上がった際に必要な給与が得られるようになりたいです。

年収評価シート

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

2015年/3ヶ月以内

データ分析基盤のBigQueryへの移行

分析用データを集約させる基盤を、AWS Redshiftからより料金の安いBigQueryに移行する作業を担当しました。具体的には、従来Redshiftで作られていたテーブルをほぼ同じ形でBigQueryに取り込むバッチを実装することと、データの調査や他部署との調整を行っていました。 一部の過去の商品データが欠損することが判明し、アクセスログから出来る限り再現してインポートするプログラムを急遽書いたり、Redshiftからレポート用データを抽出している担当者がしばらく病欠してしまい、急遽自分がレポートを再現するSQLを全てリライトしなければいけなかったり、想定していた以上に労力がかかる仕事でした。 また、RedshiftとBigQueryとのデータ照合をひたすら行う必要があったため、簡単な検証作業をR言語を用いて自動化して簡略化しました。この作業の中で、先輩のデータサイエンティストから、dplyrやtidyrとパイプ演算子を用いたモダンでより簡潔なR言語の書き方を学ぶことができました。また、Rubyでのバッチ処理を実装しながら、テストコード(Rspec)を使いながら実装する方法も身につけました。

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

2014年/3ヶ月以内

Kaggleのコンペへの参加

データ分析のベンチャー企業でのインターンで、Kaggleの英文ニュースサイトの自然言語処理(文章分類)のコンペに先輩と2人で参加しました。当時はプログラミングのスキルもほとんどありませんでしたが、掲示板での議論や『Python for Data Analysis』の内容を追いながら、scikit-learnでtf-idfを出してロジスティック回帰を行うというオーソドックスな方法を再現することができました。 Pythonのデータ分析と、自然言語処理の基礎的な内容を学ぶことができました。

2013年/2年以内

データ分析コンサルティング会社でのアルバイト

当時WEBマーケティングに興味があり、データ分析コンサルティング会社でアルバイトを行っていました。アルバイト先の部署ではSPSSModelerやExcelを利用して分析を行っており、私はデータの分析の定型作業やドキュメントの翻訳など、事務作業も含めた何でも屋みたいな立場でした。 WEBマーケティングの基礎的な内容(当時流行っていたアトリビューション分析)や、プログラミング(RやSQL)を使ったデータ集計の方法などを学ぶことができました。 今考えると、SPSSは「ループや条件分岐ではなく、テーブル構造のデータを操作・変換するノードをつなぐ」というdplyr, tidyrや関数型言語に近い操作を行うため、それらのツールにも馴染みやすかったと思います。

2016年/3ヶ月以内

予算配分最適化のためのバッチ開発

WEBサイトへの集客元への計算バッチの開発に、レビュワーとして関わりました。プログラムの実装は当時新卒1年目のデータサイエンティストが担当し、数理最適化用のライブラリのpulpを利用して実装しました。 彼はプログラミング経験は当時そこまで豊富ではなかった(逆に私には数理最適化の知識は無かった)し、社内ではデータ解析用途としてPythonよりRが使われていました。そのため、レビュー以外でも、Pythonやpandasなどの可読性の高い書き方を(自分も調べながら)共有したり、jupyter notebookを利用して試行錯誤しながらコードを書ける状態にしたり、できるだけ彼がスムーズに実装し、プログラミングのスキルを身につけられるよう心がけました。

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

マネージメント能力

アピール項目


アウトプット

GitHub アカウント
あり
Qiita アカウント
あり
Speaker Deck アカウント
未入力です
SlideShare アカウント
未入力です
特にアピールしたいアウトプット
未入力です

今後、身につけなければいけないと思っている技術は何ですか?

* サービスの信頼性向上のためのSRE的なスキル(現職でも、チーム内の機械学習サービスの開発で苦労しているので) * AWS/GCPの各サービスを使いこなすためのスキル * 英語

エンジニアとして影響を受けた本を教えてください

* イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 * レジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについて([こちらの記事](https://medium.com/@d1ce/medical-communication-for-support-engineer-faf28aa665fb)から) * Effective Java

あなたが一番パフォーマンスを出せるのはどんな環境ですか?

* 解くべき問題がはっきりしているとき * 適度に休憩が取れる環境

キャラクター

直近で一番やりたいこと
サービスを作りたい
好きなスタイル
好きな規模
水とプログラミングどっちが大事?
自信を持って人より秀でていると言える点
分析力 / 問題解決力
スキルのタイプ
得意なフェーズ
会社を選ぶ一番の基準
一緒に働く人
やりたくない分野
アダルト / 仮想通貨
その他の特徴
使用言語にはこだわらない
その他のやりたいこと・やりたくないこと
未入力です

やりたい事

手を動かして設計してコードを書きたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
価値あるプロダクトを作り成長させたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
学び続けて技術力でプロダクトに貢献したい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
意義があることや社会に貢献できる仕事がしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
人や計画の調整・マネジメントをしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
レガシーなシステムの保守・運用・改善をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
企画や仕様を考えるところから関わりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
業務効率を改善して一緒に働く人のためになりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
全社横断的な共通基盤作りや強化をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
組織や文化を作る・成長させる仕事をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい

基本プロフィール

年齢
今年で20代後半
好きな Text Editor
VSCode, vim, jupyter notebook
希望勤務地
東京都 / 神奈川県
希望年収
未入力
ただいまの期間
ドラフト開催中

  • 参加者は企業から指名が入ります
  • ドラフト指名に返答できます
  • レジュメを更新できます
  • 審査は停止しています
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

ID:8320さん
今年で20代後半
VSCode, vim, jupyter notebook
参加ステータス
不参加
転職意欲
参加回数
4回
累計平均提示年収
573 万円
SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?