ID:73907さん

2024年5月回 指名


まだ何もありません

自己推薦一覧

自己推薦はありません

あなたを気にしている企業

  • GraciaがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.21
  • PKSHA TechnologyがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.21
  • ブルーモ証券がID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.20
  • ブルーモ証券がID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.20
  • イタンジがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.20
  • SODAがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.20
  • エス・エム・エスがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.19
  • ログラスがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.18
  • ELEMENTSがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.18
  • BASEがID:73907さんのレジュメを見ています。
    2024.05.17

3年後の目標や野望


多様なクラウド技術とAI・データサイエンスの知識を駆使し、グローバルに活躍できるエンジニアとなるよう技術者としての価値を高める

# 技術者としての目標 情報化社会の進展に伴い、**クラウド技術**、**AI**、**データサイエンス**の重要性が増していると認識しています。これらの技術を習得し、価値あるソリューションを提供することで、技術者としての影響力を拡大したいと考えています。また、グローバルな環境で活躍するためには、多様なクラウド技術への精通と英語力の向上が不可欠だと思います。 ## 複数のクラウドサービスとインフラ技術への精通 - **AWS**だけでなく、**Azure**、**GCP**、**Oracle Cloud**の認定資格を取得し、各クラウドサービスの特性を理解することで、最適なソリューションを提供できるようになりたいと考えています。 - 基礎部分ではありますが既に経験がある**Docker**やこれから学びたい**K8s**などのコンテナ型仮想化技術を更に深く理解し、これらの技術を活用して効率的な開発環境を構築することに興味があります。 - **Terraform**や既に経験がある**AWS CloudFormation**、**Ansible**などのIaCツールを使って、インフラストラクチャの設定と管理を自動化するスキルを磨きたいと思っています。これにより、システムをより迅速かつ確実にデプロイできるようになることを目指しています。 - クラウドサービスを利用する際の情報セキュリティに関する技術の知見を深めることで、安全なシステム設計とデータ保護に対する理解を深め、信頼性の高いソリューションを提供できるようになりたいという意欲があります。 ## グローバルなコミュニケーション能力の向上 - 英語力を高め、海外のプロジェクトや国際的なチームとのコミュニケーションを円滑に行えるようになりたいと考えています。 ## AI・機械学習およびデータサイエンスの知識習得 - インフラエンジニアとしての専門性を保ちつつ、**AI**や**機械学習**、**データサイエンス**の分野にも知識を広げ、これらの技術を活用したプロジェクトに携わりたいと考えています。 これらの目標を持つことで、自分自身の技術的な幅を広げ、時代のニーズに応えることができるエンジニアとして成長していきたいと考えています。

年収評価シート

2024年/3ヶ月以内

対話UIアプリ開発

# プロジェクト概要 *** AIチャットを使用するWEBフロントに関するインフラ構築 # 業務内容概要とチームの編成 *** 業務面では未経験の技術が多くあったが、ポテンシャル採用としてインフラを担当としたメンバーとしてプロジェクトに参加。 設計・構築・テスト・ドキュメント作成や構築にあたっての他開発部門との連携等を担当し、構築ではAWSでCloudFormationを使用したIaCでの構築、管理を行った。 - PM 1 名 - チームリーダー 1 名 - 開発者 3 名 - デザイナー 1 名 # 課題・問題点 *** - 業務で初めて扱う、知見のない複数のAWSサービスをIaCで管理する必要があり、キャッチアップに時間がかかりました。 - 事前に展開されていた最低限の構成が記述されているYAMLファイルでは、ネットワーク部分などの基礎的なサービスが1つのファイルにまとめられていました。そのため、構成が変わると依存関係により同一ファイル内の他のサービスに影響が出てしまいました。 - 複数の環境を構築する際や、同一サービスを複数のリージョンに展開すると、命名規則やリソースIDの変更によりYAMLファイルの数が増え、管理が難しくなりました。 - 複数の環境でCodeCommitを使用し、フロントエンドをS3+CloudFront、バックエンドをECS Fargateで運用していたため、CodePipelineやCodeBuildの数が増え、リポジトリの管理に手間がかかりました。 # 打ち手・使用した技術 *** - 業務時間外でも知見のない部分の調査を行い、業務を滞りなく進めることができました。 - IaCで管理されているファイルを適切に分割し、リソースの変更が他のサービスに影響を及ぼすことなく、即時に対応できるようにしました。 - 命名規則やアカウントIDを変数に格納し、条件分岐によって動作が変わる複数環境対応のYAMLファイルを作成しました。これにより、リソース管理の手間を省くことができました。 - アプリサイドのメンバーと協力し、モノレポ構成から別環境のCI/CDが動作するようにトリガーを作成しました。これにより、1つのPipelineでフロントエンドとバックエンド部分のビルドプロジェクトを稼働させ、リソース管理の手間を省き、無駄なコストが発生しないようにしました。また、IAMポリシーを使用してデフォルトブランチを保護するカスタムポリシーを作成しました。

2023年/3ヶ月以内

某大手電機通信事業者向けAWS基盤構築

# プロジェクト概要 *** 某大手電気通信事業者のコーポレートサイトの移管に伴うCMSを稼働させるためのAWSサーバ基盤構築 # チームの編成と業務内容概要 *** インフラエンジニアの1メンバーとしてプロジェクトに入り、詳細設計、構築、テストを担当 - PM 1 名 - 開発者 4 名 # 課題・問題点 *** - CloudFrontとS3を使用した静的コンテンツの配信を行う際、参画時期にCloudFrontに新たな機能が追加されていたため、適切な設定を調査する必要があった - 10個ほどのS3バケット内のオブジェクトに対して、それぞれライフサイクルポリシーで制御をかける必要があった - 初めてAWSの詳細設計を担当することになり、サービスの全容を理解しつつ、クラウドサービスを利用する上でセキュリティ要件も高める必要がありました。 # 打ち手・使用した技術 *** - 公式ドキュメントや公開されている記事を参考にどういった設定が適切なものになるかまとめ、メンバーに確認を行いながら設計・構築を行った - 個人的な調査時間として業務時間外にも調査を行い、業務が滞らないよう努めた

2023年/3ヶ月以内

法人営業支援ツールサーバー支援

# プロジェクト概要 *** 法人営業支援ツールサーバ支援でのEC2やRDSのアップグレード # チームの編成と業務内容概要 *** インフラエンジニアの1メンバーとしてプロジェクトに入り、詳細設計、構築、テストを担当 - PM 1 名 - 開発者 3 名 # 課題・問題点 *** - RDSのバージョンアップグレードを行わなければならなかったが、インスタンスのアーキテクチャ変更が発生したためDBのデータ移行を行わなければならなかった - EC2インスタンス1台をマスターインスタンスとした複数のインスタンス間でデータの共有を行わなければならなかった - ApacheやSSHプロセスの監視を行いたかったが、CloudWatchのメトリクスには用意されていなかった # 打ち手・使用した技術 *** - AWS Database Migration Serviceを使用し、DBインスタンス間のデータ移行とレプリケーション設定を可能にした - インスタンス間をrsyncコマンドで同期し、コンテンツに変更があった際に即時にコンテンツ共有が行われるように設定をした - スクリプトを用意し、プロセスの値をCloudWatchメトリクスに転送し監視を可能とした

プロジェクトカテゴリ
担当工程
経験した職種・役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
経験した職種・役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

マネージメント能力

アピール項目


アウトプット

GitHub アカウント
未入力です
Qiita アカウント
あり
Zenn アカウント
未入力です
Speaker Deck アカウント
未入力です
SlideShare アカウント
未入力です
特にアピールしたいアウトプット
あり

今後、身につけなければいけないと思っている技術は何ですか?

未入力です

あなたが一番パフォーマンスを出せるのはどんな環境ですか?

未入力です

キャラクター

直近で一番やりたいこと
技術を極めたい
好きなスタイル
好きな規模
自信を持って人より秀でていると言える点
分析力 / 問題解決力 / 責任感
スキルのタイプ
得意なフェーズ
会社を選ぶ一番の基準
理念や社会的意義
やりたくない分野
未入力です
その他の特徴
未入力です
その他のやりたいこと・やりたくないこと
未入力です

やりたい事

手を動かして設計してコードを書きたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
価値あるプロダクトを作り成長させたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
学び続けて技術力でプロダクトに貢献したい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
意義があることや社会に貢献できる仕事がしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
人や計画の調整・マネジメントをしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
レガシーなシステムの保守・運用・改善をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
企画や仕様を考えるところから関わりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
業務効率を改善して一緒に働く人のためになりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
全社横断的な共通基盤作りや強化をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
組織や文化を作る・成長させる仕事をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい

基本プロフィール

年齢
今年で20代中盤
好きな Text Editor
VSCode
希望勤務地
埼玉県 / 東京都 / リモート勤務
集まる必要性がない場合は基本リモートが許可される環境が必要
希望年収
未入力
転職ドラフトに参加して
企業から指名を受け取ろう!
会員登録をして転職ドラフトに参加すると、参加企業から年収付きの指名を受け取ることができるようになります。
会員登録する
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、お気軽にお寄せください。
いただいたご意見は、今後のサービス向上に活用させていただきます。

なお、このフォームは受付専用のため、返信を行っておりません。
返信を希望する場合はお問い合わせよりご連絡ください。

  • {{error}}
SIGN UPSIGN IN


転職ドラフトを友人や同僚に薦める可能性はどのくらいありますか?