ID:596さん

第18回 指名 (未返答 : 0/0件)年収を見るには?


まだ何もありません

自己推薦一覧

自己推薦はありません

あなたを気にしている企業

  • xenodata lab.がID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.20 21:58
  • パネイルがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.20 18:08
  • ZEALSがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.20 14:20
  • ユーザベースがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.20 14:10
  • ティアフォーがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.20 11:31
  • ティアフォーがID:596さんを見てメモをしました。

    2019.03.15 09:05
  • ティアフォーがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.13 15:42
  • ティアフォーがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.13 09:14
  • LINEがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.06 17:43
  • テックタッチがID:596さんのレジュメを見ています。

    2019.03.06 16:58

3年後の目標や野望


フロントエンドエンジニアの組織化と育成方法を確立する

  ## フロントエンドエンジニアが足りない Node.js が生まれて約10年。フロントエンドの技術スタックは進歩を続け、静的なWebサイトを作るだけのものから動的なWebアプリケーションを作ることもできるようになりました。 また、IoTによって多種多様なデバイスがインターネットに繋がるようになり、今後もさらにWebフロントエンド技術は複雑になり重要性も高まっていくのではないかと感じています。 しかし、多くのWebフロントエンド開発ではフロントエンドエンジニアが確保されず、適切にアップデートされないまま運用され続けており、新たに生み出されるものもレガシーな技術のままであることが多いのが現状です。 その原因として「フロントエンドエンジニアの組織がないこと」と「フロントエンドエンジニアの育成ノウハウがないこと」が原因なのではと考えました。   ## フロントエンド開発をリードしていきたい この現状を打破するため、フロントエンドエンジニアとして身につけてきた今までの経験を生かし、今後は組織横断でのフロントエンド開発のリードや、勉強会やモブプロなどを通じた後進の育成をしていきたいと思っています。 また、フロントエンドエンジニアというと、クライアントサイドのイメージがまだまだ強いので、SSRやAPI Aggregationなど、サーバサイドにも染み出しながらビジネスに価値貢献できることも合わせて示し、第一線のフロントエンドエンジニアとして、メンバーを牽引しながら、今以上に大きなミッションに取り組んでいきたいです。

年収評価シート

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

マネージメント能力

アピール項目


アウトプット

GitHub アカウント
あり
Qiita アカウント
未入力です
Speaker Deck アカウント
あり
SlideShare アカウント
未入力です
特にアピールしたいアウトプット
未入力です

今後、身につけなければいけないと思っている技術は何ですか?

# React / Vue / TypeScript / and more. すでに経験のあるものばかりですが、技術は日進月歩で進化し変化していくため、フロントエンド開発に必要な技術は常に勉強し続けなければならないと思っています。 --- # マネジメント能力 フロントエンドエンジニアは、ディレクター・デザイナー・バックエンドエンジニアの間に介在して開発を進めていくことが多いため、交渉力やマネジメント力等が必要不可欠だと思っています。 さらに最近ではリードする立場になることも多くなってきたため、チームやメンバーの育成などの能力も身に着けていきたいと思っています。

エンジニアとして影響を受けた本を教えてください

# リーダブルコード # Team Geek # SOFT SKILLS # ZERO BUGS エンジニアになったばかりの頃や、少し背伸びしたくなった頃に読みました。 エンジニアとして、どんなプログラムを書くべきか、何に気をつけて開発するか、どんな働き方をするべきかを知ることができたと思います。 エンジニアはやはりどこか職人気質で、一匹狼になってしまうことも多いと思いますが、仕事でやる以上はチーム開発を避けることはできないため、必ず相手がいるということを気づかせてくれました。 --- # エラスティックリーダーシップ # 今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀 チームを率いるようになり、リーダーシップの発揮の仕方に悩んでいたときに読みました。 それまでは漠然と自分の思い描くままのリーダーシップを取っていましたが、チームの状態を把握した上で適切なリーダーシップがあること、それらのパターンが存在することを知ることができました。 実際にいくつかのチームで実践をし、トライアンドエラーを繰り返した結果、自己組織化へ少し近づけることもできたと思っています。

あなたが一番パフォーマンスを出せるのはどんな環境ですか?

# 逆境 誰もが匙を投げるような環境の方がパフォーマンスを出せるような気がします。 誰にもできない、自分にしかできない、自分がやらなきゃ誰もやらない そんな逆境を、自分の手で改善していくことにやりがいを感じます。

キャラクター

直近で一番やりたいこと
組織を作りたい
好きなスタイル
好きな規模
水とプログラミングどっちが大事?
自信を持って人より秀でていると言える点
問題解決力 / 交渉力 / 巻き込み力
スキルのタイプ
得意なフェーズ
会社を選ぶ一番の基準
理念や社会的意義
やりたくない分野
広告
その他の特徴
レガシーな環境を改善できる / 新しい技術はとりあえず試す / 勉強会でLTをよくする
その他のやりたいこと・やりたくないこと
未入力です

やりたい事

手を動かして設計してコードを書きたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
価値あるプロダクトを作り成長させたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
学び続けて技術力でプロダクトに貢献したい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
意義があることや社会に貢献できる仕事がしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
人や計画の調整・マネジメントをしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
レガシーなシステムの保守・運用・改善をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
企画や仕様を考えるところから関わりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
業務効率を改善して一緒に働く人のためになりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
全社横断的な共通基盤作りや強化をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
組織や文化を作る・成長させる仕事をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい

基本プロフィール

年齢
今年で30代前半
好きな Text Editor
Emacs → Atom → Visual Studio Code
希望勤務地
埼玉県 / 東京都
希望年収
1024万円
ただいまの期間
ドラフト開催中

  • 参加者は企業から指名が入ります
  • ドラフト指名に返答できます
  • レジュメを更新できます
  • 審査は停止しています
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

ID:596さん
今年で30代前半
Emacs → Atom → Visual Studio Code
参加ステータス
参加中
転職意欲
参加回数
15回
累計平均提示年収
737 万円
SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?