株式会社メルカリからの指名詳細

指名日時2019.05.29 22:58勤務地東京都

内定年収が、転職ドラフト上で提示した提示年収の90%を下回ることは禁止しています。

正社員
提示年収
プチリッチ
固定残業含む
提示年収とは?
  • あなたのレジュメの内容から読み取った実力に対して、企業が判断した金額です。そのため、必ずしもこの金額と同額で内定となるわけではなく、面談等を経て上下することもあります。
  • 採用になった場合の実績としては、約50%が提示年収と同額、約25%が提示年収より高い金額、約25%が提示年収より低い金額(ただし90%ルールの範囲内)となっています。
提示年収内訳内訳を見るには?
  • 裁量労働制か否か
    いいえ
  • 固定残業代(みなし含む)
    存在する
    固定残業時間/月
    45時間 / 月
    固定残業代/年
    表示されません
  • 理論賞与
    含まない
  • 手当
    含まない
  • その他待遇

    表示されません


    • 今抱えている課題

      xxxx xxxxxxxx xxxx、 xxxxxxxxx xxxxxx xxxxxxxx xxxx、xxxxxxxxxx x xxxx x xxx xxxxxxxx xxx xxxxxxxx xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx。xxx xxx x xxx x xxx xxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxxxxxxxxxxxx xxx xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx。
      xx、xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx。xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx。

      文字数:357
      (※指名されたユーザー本人しか内容は閲覧できません)
    • 課題に基づいた指名理由

      xxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxx xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx。
      xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
      xxxxxxxxxx
      xxxxxxxxxxxxxxxx

      文字数:99
      (※指名されたユーザー本人しか内容は閲覧できません)
    • 何を任せたいか

      xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx、xxxxxxxxxxxxxxx xxxxxxxxxxxxxxxxxxx。

      文字数:66
      (※指名されたユーザー本人しか内容は閲覧できません)
    • 所属先候補
      チーム名
      JP-Frontend TEAM
      ミッション
      ▼我々のミッション メルカリは世界トップクラスのテックカンパニーを目指してエンジニア組織の強化を行っています。 「3年で1,000人規模の優秀なエンジニアリング組織」を作るために、エンジニアを採用・育成して仲間を増やすことと、エンジニアリングに集中できる環境を作ることを同時にGo Boldに行う必要があります。そして、これを実現するためには優秀なエンジニアリングマネージャーも同様に不可欠の存在であると考えます。 エンジニアリングマネージャーとエンジニアの両輪によって、テクノロジーで人々の課題を解決ことができるテックカンパニーとなり、メルカリのミッションである「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことが我々の目指す未来です。 このようなミッションの元でFrontendチームは、高パフォーマンスなWeb開発を中心としたリアーキテクティングや、メルカリアプリの中でも高いトラフィックを誇る取引画面の開発/リアーキテクチャ、カスタマーサポートが使うInternalなツール(CStook)、その他Webに関わるプロダクトに責務を置いて開発業務を行っております。 また、直近では Microservices 開発の全社的な潮流もあり、Frontend チームもまた大きな変革期を迎えようといています。 まずは、Web から、リアーキテクチャを通じて Microservices 開発に移行していく予定です。 ▼3つのバリュー(Go Bold, All for One, Be Professional) 世界的なマーケットプレイスを創るために我々は集まっていますが、この目標への道のりは決して平坦ではありません。まだ誰も挑戦したことのないようなイノベーションや破壊的な創造を起こすため、我々は各自がオーナーシップを持ち、専門的能力を発揮することで、メルカリというチームとして最高のプロダクトを創ります。このことを達成するために我々は3つのバリュー(Go Bold, All for One, Be Professional) という全社員が共有する行動指針のもと行動しています。
      主要言語・フレームワークなど
      JavaScript, TypeScript, React, Flux, Next.js, GraphQL, Apollo etc
      その他技術
      SlackkubernetesjiraGitHubCircleCI
      チームの人数
      30人以下
      エンジニアの人数比率
      81%以上
      飲み会の頻度
      月に1-2回程度
      このチームで恒常的に行われている開発文化を選択してください
      このチームで自動化できている項目を選択してください
      このチームに導入し、運用されているツールを選択してください
      テストを書いているかどうか
      書く必要がない・または少ないプロダクトだ
      全く書けていない
      書く文化がまだ浸透しておらず、必要な分は書けていない
      書く文化は浸透しているが、まだ必要な分は書けていない
      必要な分は書けている
      ライブラリなどを更新しているかどうか
      定期的に更新する必要がない・または低いプロダクトだ
      ほとんど更新していない
      不定期だが更新している
      期間を決めて定期的に更新している
      期間を決めて定期的に自動で更新している
      チーム内のエンジニアの発言力
      エンジニアの意見が通りづらい
      どちらかといえばエンジニアの意見が通りづらい
      職種による差はない
      どちらかといえばエンジニアの意見が尊重されやすい
      エンジニアの意見が尊重されやすい
      スケジュール調整のしやすさ
      納期や仕様が優先されやすく、エンジニアの裁量では調整しづらい
      どちらかといえばエンジニアの裁量で調整しづらい
      どちらともいえない
      どちらかといえばエンジニアの裁量で調整しやすい
      納期や仕様をエンジニアの裁量で調整しやすい
      プロダクトの内容を決める人
      主にエンジニア以外が考えて決める
      どちらかといえばエンジニア以外が考えて決めることが多い
      どちらともいえない、または職種間の差はない
      どちらかといえばエンジニアが考えて決めることが多い
      主にエンジニアが考えて決める
      チーム内の職種間の協力体制
      各職種のリーダーへ話を通したり規則がある等で協力しづらい
      どちらかといえば協力しづらい
      どちらともいえない
      どちらかといえば協力しやすい
      職種間の風通しもよくいつでもカジュアルに相談しあえるなど協力しやすい
      チームの方針決定をする人
      会社が大まかな方針を考えており、ほぼトップダウンで決まる
      会社が大まかな方針を考えているが、チームも一定の範囲内で決定に関わる
      どちらともいえない
      チームが主体的に考えて決めるが、会社の方針に左右される面もある
      チームが主体的に考えて決めており、会社はあまり個々のプロダクト方針にかかわらない
      長期的価値の優先度
      短期的な売上を重視せざるを得ない状態である
      どちらかといえば短期的な売上が重視されている
      どちらともいえない
      どちらかといえば長期的なユーザ価値を重視できている
      長期的なユーザ価値が重視できている
      URL
      https://www.mercari.com/jp/
      備考
      - テストはまだまだかけてない領域も多く、十分に書けている状態とはまだ言えませんが、SLO/SLI の導入などで、品質を重視するような動きになってきています。(一定のサービスレベルが担保されないと、リリースが出来ない状態になります) - また、 DevOps/ChatOps では、k8s などを積極的にプロジェクトに導入開始することが始まっていて、開発やリリースの流れ、オンコール体制などを自チームですべて完結するような動きがはじまっています。(まだ一部のみ運用) - また、自チームからの強い意見で、影響力の高いところから積極的にリファクタも始まっており、ビジネス的な推進とは別に、チーム内での自浄作用が働いているチームといえると思います。
      チームメンバー
      多賀谷 洋一 (Yoichi Tagaya)
      外資企業、フリーランス、スタートアップを経て2017年1月に株式会社メルカリに入社。US版メルカリのiOSアプリ開発を担当した後、同年11月よりエンジニアリングマネージャーとして開発組織の強化に従事。SwiftのDependency InjectionフレームワークでデファクトスタンダードとなっているSwinjectの作者でもある。
      株式会社メルカリのエンジニアリングマネージャーです。iOS/Swiftコミュニティの間では、Swinjectの作者として知られています。Swinjectは Swift用のDependency Injection Frameworkでデファクトスタンダードとなっており、GitHubスター数は2000を超え、国内外の企業でプロダクション多数採用されています。
      小嶋 仁司 (Hitoshi Kojima)
      Frontend Team Engineering Manager
      Ownershipが高い
    • その他条件
      ビデオチャット面談OK電話面談OK
      勤務地
      東京都
    文字数:891
    (※指名されたユーザー本人しか内容は閲覧できません)

    小嶋 仁司 (Hitoshi Kojima)
    Frontend Team Engineering Manager
    Ownershipが高い
    SIGN UP
    SIGN IN


    このサービスを友人に薦めたいですか?