ID:32375さん

自己推薦一覧

自己推薦はありません

3年後の目標や野望


機械学習技術で社会の仕組みを変えたい

もともと技術で社会の仕組みを変えていきたいという想いがありました。大学時代は文系でしたが、週一で実験を行ったり、英語論文を読んだり、統計や研究法について学んでいました。そのようなバックグラウンドがあるからか、技術やテクノロジーの発展、またその研究の積み重ねによって生活が豊かになり、現在の社会問題も技術発展によって解決できる部分も多いと考えています。また自分もそのような解決策を技術で実現していけるような働き方をしたいと強く想っています。 そんな中直近でML系のPJに参加し、その技術に触れとてもワクワクし、機械学習技術で社会の仕組みを変えていきたいと考えるようになりました。もともと機械学習系の技術に興味があったのですが、実際に触れることで、その技術領域への興味が急速に高まりました。前期ではなんとか業務を調整し、25の外部セミナーに述べ66.5時間参加し、短時間に効率的に情報収集に努め、今後も継続的にこの分野への理解を深めていきたいと考えるようになりました。 今後のキャリアパスとしては、いままでインフラ(SRE)エンジニアとして経験してきた実績があるので、データエンジニアとしてML-OPS領域に注力していきたいと考えています。 現在業務ではAWSをメインで利用していますが、データ分析基盤としてGoogleCloudPlatform(GCP)は使いやすい状態になってきたと思っています。現在業務で導入検討していることもあり、学習していますが、業務経験がない領域について効率的に身に着けるために、GCPの認定資格であるProfessional Data Engineerを取得することを計画し、Qwiklabsで学習しており、今月か来月に取得する予定です。 また上司や同僚にも上記のように考え始めていることを共有して、今月から機械学習基盤の刷新プロジェクトのPJリーダーを行いつつ、データ分析基盤のGoogle Cloud Composerへの移行検討も始めており、AI PlatoformのノートブックやAutoML、kubeflowやML-flowやskaffold等の検証をこれから行うところです。 今後は吸収した知識を業務で実現し実績を作りながら、データサイエンティスト領域についても専門性を高めていき(年内にkaggle参加目標)、CleanArchitectureやコンテナデザインパターン/データレイクにおけるLambdaArchitectureといったアーキテクチャへの造詣も深め、複数の専門性を高めたジェネラリストなデータエンジニアとして自身の価値を高めていきつつ、機械学習技術で社会の仕組みを変えていきたいと考えています。

年収評価シート

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

プロジェクトカテゴリ
担当工程
役割
あなたが実際に使っていた技術
このプロジェクト詳細は公開されていません

マネージメント能力

アピール項目


アウトプット

GitHub アカウント
あり
Qiita アカウント
あり
Speaker Deck アカウント
未入力です
SlideShare アカウント
未入力です
特にアピールしたいアウトプット
あり

今後、身につけなければいけないと思っている技術は何ですか?

GCPの認定資格であるProfessional Data Engineerを取得することが直近の目標です。主に Qwiklabs 及び Coursera で進めています。 また対外的に証明するのに、資格などではなくより実践的な実績を得たいと考えており、今後はkaggleでの実績を積んで行きたいと考えています。 余裕があればAtcoderなども検討はしていますが、上記に比べると少し優先度は低くなっています。

エンジニアとして影響を受けた本を教えてください

CleanArchitecture 最近読み進めています。基本的に変更しやすい・保守しやすいようなアーキテクチャを目指すための要素が俯瞰的に記載されており、いままでのプログラミングの歴史やそれに対する自分の考えを深めていくのに非常に有益な知識が得られていると考えています。 リーダブルコード この本の真価は実際にコードレビューなどをする時に当たり前に気をつけたほうが良いことを簡潔な言葉でまとめてあることです。読み返すことで、あのときの指摘はこれを意識するとセルフレビューで気づくことができるなというように、自身の経験を見直してこの本に紐付けることで、本を通じて経験のレビューができるような気がしています。 Measure What Matters OKRで著名な本です。OKRの本質的な部分が記載されていると思います。心理学的にも内発的動機づけといった学術的に研究されている内容と関連する部分もあり、自分や周りへのモチベーションをどのようにして上げていくかコントロールしていくのかといった興味が湧いてくるきっかけとなった本です。

あなたが一番パフォーマンスを出せるのはどんな環境ですか?

未入力です

キャラクター

直近で一番やりたいこと
技術を極めたい
好きなスタイル
好きな規模
水とプログラミングどっちが大事?
自信を持って人より秀でていると言える点
学習能力 / 問題解決力 / 責任感
スキルのタイプ
得意なフェーズ
会社を選ぶ一番の基準
理念や社会的意義
やりたくない分野
アダルト
その他の特徴
使用言語にはこだわらない / レガシーな環境を改善できる / 新しい技術はとりあえず試す / 趣味は仕事 / 起業/創業期のベンチャーにいた / 多職種のバックグラウンドがある
その他のやりたいこと・やりたくないこと
未入力です

やりたい事

手を動かして設計してコードを書きたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
価値あるプロダクトを作り成長させたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
学び続けて技術力でプロダクトに貢献したい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
意義があることや社会に貢献できる仕事がしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
人や計画の調整・マネジメントをしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
レガシーなシステムの保守・運用・改善をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
企画や仕様を考えるところから関わりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
業務効率を改善して一緒に働く人のためになりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
全社横断的な共通基盤作りや強化をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
組織や文化を作る・成長させる仕事をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい

基本プロフィール

年齢
今年で30代前半
好きな Text Editor
phpstorm, pycharm, vscode, vim
希望勤務地
埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / リモート勤務
家庭の事情や体調など、都合に合わせてリモート出来れば問題ない
希望年収
900万円
ただいまの期間
ドラフト参加受付中

  • この期間に審査合格した方は次回ドラフト参加になります
  • ドラフト初参加以外の方は次回のドラフト参加 / 不参加を選択してください
  • レジュメは更新できます
  • 審査は随時行っています
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

ID:32375さん
今年で30代前半
phpstorm, pycharm, vscode, vim
参加ステータス
不参加
転職意欲
参加回数
1回
累計平均提示年収
786 万円
SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?