ID:25952さん

自己推薦一覧

自己推薦はありません

3年後の目標や野望


好きなサービスを成長させるスキルがあること

仕事は自分の貴重な時間を割いて行なっているので、自分の仕事に充実感や、楽しさを感じていたいです。 私が自分の仕事に充実感や、楽しさを感じるのは、 その時自分が好きだ、またはビジョンに共感するようなプロダクトに携わり、 自分の力でサービスを良くしていくことと考えました。 そのためにスキル面も揃えたいと考えています。 フリーランスという選択肢も十分に考え、 自分の好きなプロダクトに多く関わりたいと思っています。

年収評価シート

2017年/2年以内

社内サービス(popinfo)開発プロジェクト

## 行なってきたことの概要 * 自社サービス popinfo の開発、保守運用を行ないました。 * 自社サービスをいくつかのコンポーネントに分け、複数のコンポーネントの責任者として、開発、保守、運用まで責任を持って行なってきました。 ## 背景(なぜ行なったか) ``` * 自社サービスはまだ開発段階であり、多くのissueが残っていた * サービスが多くの方に利用されるようになり、品質を強化するために保守運用を行う必要があった ``` ================================================================================= # 技術点なアピール点 - 開発として主に行なってきたこと ``` * 機能/API 開発 (Python、Django、JQuery、Vue.js) * インシデント管理・対応 (Python、Django、Nginx、Datadog、AWS) * 保守・運用(Python、Django、JQuery、Datadog) ``` ---------------- #### アピール点① - `Djangoのソースを読み理解できたこと` ### 困ったこと - Djangoで、 - Formの各fieldにrequiredオプションを設定しているのに、空文字列を入力してもFormset.is_valid()=>Trueっとなってしまっていた - 検索では原因がヒットせず、DjangoのOSSを深くまで読み込む必要があった ### 工夫したこと - DjangoのOSSを深くまで読み込み、原因を突き止めたこと - 学んだことをアウトプットし、同じ悩みを抱えている人にアドバイスしたこと ### 結果 - `原因を突き止めた` - `Djangoの開発がスムーズになった` - `アウトプット` - http://kohei1116.hateblo.jp/entry/2018/01/14/154929 - http://kohei1116.hateblo.jp/entry/2018/02/04/185918 ------------------------- #### アピール点② - `Nginxの検証で、TCPのレイヤーまで掘り下げて検証をしたこと` ### 困ったこと - NginxからS3にプロキシして画像取得を行なっている箇所で、数日に1度エラーが発生していた - クラウドを使っており、かつ平均100万リクエスト/日なので、ある程度仕方ないものではあるが、回避策を考えた - Nginxにはリトライの設定はないので、エラー時にリトライを行うことは簡単にはできなかった - 原因もstatus_code以外では読み取れず、TCPレイヤーまで掘り下げて検証をする必要があった ### 工夫したこと - Nginxのロードバランシングの設定を応用して、結果的にリトライさせる仕組みを作ったこと - upstreamにリトライ回数分サーバーを記述し、結果的にリトライをさせるようにした - stubのサーバーを立てて、同じ条件を再現させ、設定によりリトライを行なっているか検証したこと ### 結果 * `エラーが発生しなくなった` - `アウトプット` - http://kohei1116.hateblo.jp/entry/2018/02/04/104000 - http://kohei1116.hateblo.jp/entry/2018/02/17/193916

2018年/1年以内

顧客満足度プロジェクト

## 行なってきたことの概要 顧客満足度を向上させることを目的としてプロジェクトを発足させ、 責任者として運用をさせていただきました。 ========================================================================= ## 背景(なぜ行なったか) - 社内に以下の問題点があった - 社員数も会社の規模も大きくなっていく中、仕組み化して解決していく必要があると思ったから ``` * 社内で顧客満足度に関わる要望が生まれても、投げるあてがない(どこに投げれば良いのかわからない) * お客様からの開発に関わる要望で、一旦保留となったが放置されたままのものがある * 顧客満足度に関わる課題でどのようなものがあるか把握できない ``` ## 解決するための手段 - 上記の問題点を解決するために以下のことを行なった ``` * 社内からの顧客満足度に関わる要望を管理、解決する * 過去に一旦保留となった改善策を見直し、必要性や稼働を考慮し改修するか考え直す * 顧客満足度に関わる課題はどのようなものがあるかを知る ``` #### アピール点 - 解決すべき課題(以下 issue)の優先度を特定の指標や社内の計画を考慮し考えたこと - 優先度決めやissueの管理を仕組み化することができたこと ### 困ったこと * 解決するissueの優先度決め * 仕組み化していく必要もあり、主観的ではなくデータや指標を元に決める必要があった ### 工夫したこと * 狩野モデルの採用 * 採用理由 * 時間をかけることなく自分たちでもすぐに優先度をつけられるから * そのissueを解決するとどうなのか、解決しないとどうなのかという簡単な質問に対する答えを元に定量的に優先度が決められるもの * 企業に取り入れられている実績もあった * そのモデルに独自の指標を加えてプロジェクトのオリジナルの指標を決めた * 要望元顧客からの売り上げなど * その指標を全てのissueにかけ、優先度を決めた ### 結果 * `Issueの管理や優先度決めを仕組み化したので、開発に大きく工数をかけることができた` ## プロジェクト全体の結果 - 社内要望を多く解消していくことができた - 社内からの要望が明文化された - 他の社員も開発に協力していただき、社内を巻き込んで開発を行うことができた - このプロジェクトが社内で評価され、大人数でプロジェクトを進めることになった - マーケティング、PM、CS一体となって進めることになった - 仕組み化していたので、管理・運用はメンバーに引き継ぐことができた ================================================================================= # 技術点なアピール点 - 開発として主に行なってきたこと ``` * PythonでCS用コマンド作成 * Python/Djangoを用いたアプリケーション改修 * Python/Djangoを用いた新機能開発 ``` ---------------- #### アピール点① - `システムの利用者のユースケースに基づいた要件定義ができたこと` ### 困ったこと - 要件定義(特にCS用スクリプト作成) - 他人が使うものなので、ユースケースを把握する必要があった - どのようなオプションを設定できるようにすべきかわからない ### 工夫したこと - 繰り返しのヒアリング - 何度もヒアリングを重ね、本当に必要なものは何かチームで精査 - 過去のIssueを見返し、本質的に困っていることの調査 - 表面的な課題を見てしまう可能性があるため - 実は修正する必要がなかった場合もあるため ### 結果 - 要望を網羅するコマンドを作成し、`CSの方には長く利用`していただいている ------------------------- #### アピール点② - `SQLのパフォーマンスチューニングができたこと` ### 困ったこと - パフォーマンスを意識したチューニング - 100万レコードを超えるDB tableに対してQueryを投げることもあるため - 処理時間が長くなったORMを使ったコマンドを改修する場合もあるため ### 工夫したこと * ORMからSQLを読み取り、最終的に取得したいデータを把握し、それを最適なSQLに書き換えること * クエリキャッシュもサニタイズも注意しながら作成 * Queryに入力されたオプションを組み込む必要があるため * https://dev.mysql.com/doc/connector-python/en/connector-python-api-mysqlcursor-execute.html ### 結果 * SQLをかけてから`12時間ほどかかっていた処理を15分ほどで終わらせる`ことに成功した

マネージメント能力

ベトナムのオフショア開発のマネジメントをしていました。 マネジメントを行わさせていただいた人数は3人です。
開発スピードをあげ、自社プロダクトに大きく貢献してただく責務がありました。 もともと、背景として、 社内リソースが足りず、自社プロダクトの新機能開発に携われる人が少ない問題点がありました。 その問題を克服するために、ベトナムとのオフショアを始めました。
### 具体的な業務として行なっていたこと * 要件、設計、仕様の伝達 * 開発のスケジュールの調整 * 進捗管理 ------- ### 詳細 #### スタート 最初は自分が設計を決め、それをベトナムチームに伝達し、ベトナムチームはその仕様通りに開発を進める体制をとりました。自分にとってオフショア開発のマネジメントは初めての業務でしたが、ベトナムチームは自分の想定していた以上のスピードで開発を進めてくださいました。 #### 問題点 しかし、それを自分のマネジメント力不足から、コミュニケーションのズレが発生し、仕様認識の漏れがあるまま開発を進めており、修正コストがかかる場面がありました。 それを繰り返さないように、自分が徹底して管理をするようにしましたが、結果的にマネジメントの工数(お互いのコミュニケーションコスト)が大きくかかってしまう問題がありました。 #### 改善点 その問題点を解決するため、ベトナムチームの組織を変え、ベトナムチームにPMの立場を置きました。そして、自分が行うことを徐々に上流にとどめ、ベトナムチームで設計を行い、それを自分がレビューする体制に変えました。 #### 結果 そうすることによって、ベトナムチームも自立して開発できるように成長し、結果的に自分も他の業務にも当たることができ、自分もベトナムチームも含め、開発に当たれることができました。

アピール項目


アウトプット

GitHub アカウント
あり
Qiita アカウント
あり
Speaker Deck アカウント
あり
SlideShare アカウント
未入力です
特にアピールしたいアウトプット
あり

今後、身につけなければいけないと思っている技術は何ですか?

## 1からサービスを作ることができること - 現在、既存のシステムの改修を行なっていることが多いです。その改修も、作成者が何を考えて書いたのかを理解しなければならないので、簡単なことではないと思っています。 - しかし、今は次々と新しいサービスがインターネットを通して作られているので、自分でコードの設計を考えて、1からスピード感持ってサービスを作ることができる技術も必要だと思っています。 ## 自分が作るだけではなく、既存のツールなどを考慮し、問題解決の最適解を見つけ出すこと - すでに、求められている要件は、他の組織・システムでも必要とされ、最適なツールが世に出回っていることが多いと思います。 - 問題解決には、自分たちでシステムを作るだけでなく、既存のツールを使う、またはツールを組み合わせることで最短で終了することもあります。 - 常にキャッチアップして、要件から既存のツールが閃くことも大事な技術だと思います。

エンジニアとして影響を受けた本を教えてください

## 達人プログラマー - 自動化することの重要性 - DRYの原則 - 割れた窓を放置しておかないこと(小さなバグ、コードの誤りを放置しない。)

あなたが一番パフォーマンスを出せるのはどんな環境ですか?

## エンジニア同士のコミュニケーションが活発なこと - お互いの技術キャッチアップが行われやすいと思います。 - 相手の状況を知ることができるので、複数人開発には必須の環境だと思います。 ## 心理的安全性が保たれており、コミュニケーションが活発なこと - 何か問題があった時にも早く解決しやすいですし、メンタル面で開発に集中することができます。 ## 集中タイムが設けられていること - 時間を区切って、緊急なこと以外のコミュニケーションをシャットダウンできる時間があると開発に取り組みやすいです。

キャラクター

直近で一番やりたいこと
技術を極めたい
好きなスタイル
好きな規模
水とプログラミングどっちが大事?
自信を持って人より秀でていると言える点
学習能力 / 責任感 / 巻き込み力
スキルのタイプ
得意なフェーズ
会社を選ぶ一番の基準
一緒に働く人
やりたくない分野
SI
その他の特徴
使用言語にはこだわらない / 新しい技術はとりあえず試す
その他のやりたいこと・やりたくないこと

## やりたいこと
- モダンな技術をどんどん取り入れていくこと

やりたい事

手を動かして設計してコードを書きたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
価値あるプロダクトを作り成長させたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
学び続けて技術力でプロダクトに貢献したい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
意義があることや社会に貢献できる仕事がしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
人や計画の調整・マネジメントをしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
レガシーなシステムの保守・運用・改善をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
企画や仕様を考えるところから関わりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
業務効率を改善して一緒に働く人のためになりたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
全社横断的な共通基盤作りや強化をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい
組織や文化を作る・成長させる仕事をしたい
絶対やりたくない
あまりやりたくない
別に普通
やりたい
絶対やりたい

基本プロフィール

年齢
今年で20代中盤
好きな Text Editor
VScode
希望勤務地
東京都
希望年収
500万円
ただいまの期間
ドラフト参加受付中

  • この期間に審査合格した方は次回ドラフト参加になります
  • ドラフト初参加以外の方は次回のドラフト参加 / 不参加を選択してください
  • レジュメは更新できます
  • 審査は随時行っています
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

ID:25952さん
今年で20代中盤
VScode
参加ステータス
不参加
転職意欲
参加回数
3回
累計平均提示年収
497 万円
SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?