自動車アフターマーケットの再発明

株式会社Seibii

何をやっているのか

大変革を迎えている自動車産業。僕たちが取り組んでいるのは、車の安全を担保する「整備・修理産業を中心としたモビリティのアフターマーケット」の「インターネット・モバイル化(デジタルトランスフォーメーション)」です。
この産業は社会に必須にも関わらず、顧客側、整備士側共に、課題・ペインで溢れています。僕たちは「車の整備・修理の顧客体験」を「テクノロジーで最大化・創出」することから開始し、産業を作り変えていきます!

# 具体的に
具体的に今開発を進めているのは「シームレス・ストレスZEROな車の整備修理体験」を生み出すプロダクト「Seibii(セイビー )」です。簡単に言うと自動車整備士版「ラクスル & Uber」です。

https://seibii.co.jp

こんなことを実現していくプロダクトです

- Uberのように、お客様の都合の良い時間と場所まで行く(既存産業は来てくれません!)
- 事前にインターネット、モバイルで見積もりを瞬時に確定し、決済も済ませる(既存産業は価格が不透明、事前見積もりもしてくれません!残念ながらノルマを原因とした過剰整備も存在してます)
- 営業マンではなく、顧客と整備士が直接コニュニケーションをすることから、安心感を醸成する
- 不要な設備や人員を持たず、実力ある整備士が正当に評価される仕組みを作ることで、整備士の所得をあげ、労働環境を改善する
- ラクスルの様に、業務を全国のディーラー、整備工場、整備士個人間で適正配分する

# 既存産業の説明
一見、地味にみえるこの産業、市場規模5.5兆円と巨大です。コンビニよりも数が多い9万超の整備工場によって支えられている社会に必須な産業です。
一方、顧客であるカーオーナー、サービス提供者である整備士側の双方に不満、非効率、ペインが溢れており、とてもWinWinな産業になっていないのが現実です。

## カーオーナー側
- 貴重な休日を費やして、わざわざ整備や修理のために出かけたくない
- なかなか予約が取れない
- お店に着いてから長時間待たされる 
- 見積もりを事前に出してくれず、車を持ってきて貰ってみないと分からない、と言われる
- 見積もりよりも請求が増えることが往往にして起こる
- 請求された金額に納得感を持てない
- 車を数日間預けないといけない

## 整備を提供する側の課題
- 国家資格を有し専門性が高いのにもかかわらず賃金が上がらない
- 整備士なのに、営業ノルマを課せられる
- サービス残業が多い
- 国産車が得意、会社が得意、足回りが得意、軽整備が得意、エンジン周りが得意などの得手不得手を無視して、作業が振りわてられる
- 顧客と直接話せる機会が少ない

# 対象顧客
個人(to C)も法人(to B)も顧客です。法人顧客は、カーシェアリングの運営元、カーリース会社、営業車を有する花屋さんやお弁当屋さん、製薬会社などです。営業車を多く持っている企業なども想定顧客です。

# 日々の事業推進
僕たちのサービスは、整備士のみならず、ディーラーや街の整備工場と共生関係を気づく必要があります。従い、ITの世界のみならず、リアルな世界での事業開発も重要となります。

# 長期的なビジョン
自動車のコネクティッド(インターネット常時接続化)、シェア化、自動運転化に合わせて新しい形の整備修理事業を作っていきます。その変化の大波を捉えるべく、今からこの産業でポジションをとって事業を推進していきます。

# 現在の使用技術
現在のプロダクトは Rails を基本に AWS 上で動いています。
が、 Rails に限らず今後 iOS / Android アプリや、Frontend の実装を進めていく予定です。
- https://esa-pages.io/p/sharing/13022/posts/277/8dc6c96befee5c9938a2.html

なぜやるのか

創業者2名は、総合総社の三井物産で働いており、自動車解体業や部品製造業、整備修理業と関わる仕事をしていました。その中でさまざまな課題を目の当たりにしました。

自動車整備の市場規模は5.5兆円、コンビニよりも多い9万超の整備工場によって支えられており、巨大です。社会に必須であるにもかかわらず、業界内を覗くと崩壊寸前。労働環境は「ノルマ」「サービス残業」「低い給与水準」により離職率が高い。競争過多や後継者不足で廃業する業者も多いなど、山積みの課題を解決する必要があると感じていました。

一方、ユーザー側から自動車整備修理業界を見ると、顧客視点でのサービス作りが全くできていない状態でした。時間を取られる、ディーラーや整備工場にわざわざ行かなければいけない、車を見るまで見積もれない、と言われる、その整備・修理が本当に必須なのかわからない…等等。

つまり、顧客であるカーオーナー(個人、法人)も、サービス提供者側である整備士も、お互いにハッピーではない状態。

「それならばやってやろう、インパクトのあることをしよう」と立ち上げたのが株式会社Seibiiです。

既存産業の負と消費者の負の両側を、業界の仕組みを変えることで解決していこうと、人生をかけて取り組むテーマとしました。

具体的には「何をしているのか」記載の通りですが、モビリティそのものがCASE/MaaSとして大変革を迎える中で、その裏側を支える産業であるアフター市場も変わる必要があり
この分野に目が行っている人がいないことも、大きなチャンスと捉えています。

どんな仲間がいるのか

◼️上木 裕史 - VP of Engineering
モバイルアプリからサーバー、インフラまでカバーするフルスタックエンジニア。AppBrewをはじめ、複数の創業期ベンチャーにて開発を経験。複数のOSS開発も行う。2019年8月よりSeibiiに参画し、VP of Engineeringとしてテクノロジー開発のトップを担う。
https://github.com/unhappychoice

◼️加藤 僚 - UI/UXデザイナー
UI/UXデザイナー。制作会社/著名デザイナー直下でのデザイン修行を経て参画。

◼️佐川悠 - CEO
Seibiiの創業者。総合商社の三井物産にて10年勤務したのち、Seibiiを創業。
会社員人時代に、朝や昼休みなどの隙間時間でRuby/Railsを独学して、複数のサービスをリリース(するも死亡)。
三井物産時代の担当業務は資源、アフリカ、自動車リサイクル、自動車部品製造など。
バツ1マル2、2歳児の父。人勢波乱万丈。

◼️他のメンバー
https://seibii.co.jp/corporate

入札参加回数

1回

会社情報

代表者名佐川悠
設立年2019年
上場非上場
資本金3700円
売上高4,000万円
従業員数6人
平均年齢28.0歳
住所東京都港区六本木4−2−45 髙會堂ビル2階
会社HPhttps://seibii.co.jp/corporate
TECH BLOG未入力
GitHubhttps://github.com/seibii
Qiita Organization未入力

求める使用技術

  • Ruby
  • Git
  • GitHub
  • AWS
  • CircleCI
  • Docker
  • Auth0
  • vue.js
  • React.js
  • Mackerel
  • Sentry
  • redash
  • JavaScript
  • Redis

株式会社Seibiiの文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

楽しみ

休みと時間

共に働く人

選考

SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?