あたりまえを、発明しよう。

株式会社リブセンス

何をやっているのか

・リブセンスとは
「幸せから生まれる幸せ」、「あたりまえを、発明しよう」、
この理念・ビジョンの実現に向かって、リブセンスは日々活動しています。

抽象度の高い目標なのでイメージしづらいかもしれません。
ですが、僕達の目標は業界を問わず不利益・格差・非効率などの生活における不合理をWebサービスの力で解消していくことにあります。

抽象的な表現は、業界を問わずライフスタイル全般という広域なターゲットにアプローチしていく、という僕達の意思の裏返しでもあります。

なぜやるのか

・「何をやるか」「何をやらないか」にこだわる
サービスを通して何を実現するのか。
作ることに閉じず、その先に目線を持てる方と一緒に働きたいと思っています。

「成長」は目標を実現するために必要なプロセスであってゴールではありません。

その能力を使って「何をやるか」、また実現すべきもののために「何をやらないか」にこだわりを持った社員が多いです。

・求められるのは職種を超えたサービス志向
職種という枠組みが良い意味でゆるい会社です。
それは、目線が自分の役割ではなく上記の通りサービスによって実現すべき目標に向いているためです。

ユーザーに本当に役に立つサービスを作るために、必要であれば自分の職種を超えた働きを自然にして欲しいと思っています。

ですので、エンジニア職でディレクターの役割を担っている社員、営業職でSQL言語を使いこなす社員など職種に縛られない働き方をしている社員が多いです。

どんな仲間がいるのか

大手Webサービス企業から優秀なエンジニアが次々に転職してきています。
「自分がせっかく培った技術や経験は世の中のために活かしたい」、と考えて来る人ばかりです。
会社としては、いかにその能力を引き出し、また多様なスキル同士を組み合わせてシナジーを生むかを考えています。

風土づくりにおいて最重要視しているのは、“学習文化”です。
社内では、エンジニアなどが必要と感じた学習テーマについて各自が勝手に勉強会を企画・主宰しているほど“学習文化”は根付いています。
大手IT企業の有名エンジニアなどを講師に呼んだり、デザイナーが映画を鑑賞して学ぶ勉強会を企画したりとみんな活発に行っています。
常に『次の“あたりまえ”は何?』と意識してアンテナを張り続けられるようにしています。

入札参加回数

18回

会社情報

代表者名村上太一
設立年2006年
上場東証一部上場
資本金2億3500万円
売上高63億5000万円
従業員数412人
平均年齢30.3歳
住所東京都品川区上大崎2丁目25番2号 新目黒東急ビル5F
会社HPhttps://www.livesense.co.jp/
TECH BLOGhttps://made.livesense.co.jp/
GitHubhttps://github.com/livesense-inc
Qiita Organizationhttps://qiita.com/organizations/livesense

求める使用技術

  • Ruby
  • AWS
  • PHP
  • Go
  • MySQL
  • React.js
  • Android
  • iOS
  • Ansible
  • Docker

株式会社リブセンスの文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

楽しみ

休みと時間

共に働く人

選考

SIGN UP
SIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?