私たちdipは夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる

ディップ株式会社

何をやっているのか

◆中小企業 × DX市場はブルーオーシャン、中小企業に向き合ってきたdipが第一人者として市場を切り開いていきます。**

dipの主幹事業である人材サービス事業のお客様は、中小企業がほとんどであり、人材不足による労働力の課題を肌で感じ続けてきました。
この課題を解決すべく、Human work force (人材サービス) × Digital labor force (DXサービス)の掛け算で中小企業を支援し続ける方針に事業転換いたしました。
より”人が人らしい仕事”へシフトし、生きがいのある人生を送れるような社会へ推進していくために「Labor Force Solution Company」(労働力の総合商社)をビジョンに掲げました。DX事業への積極的な投資、中小企業の労働力の課題を理解するdipだからこそ、日本で最も中小企業の課題に寄り添い、課題ドリブンな事業展開を可能にするDX推進企業であると考えています。

なぜやるのか

◆中小企業のDX推進は日本の大きな課題であり参入余地が大きい市場です

日本の企業の多くは中小企業であり、その数は約200万社。日本全体の99%を占めます。
中小企業の多くは”人材不足”という大きな問題を抱えており、大きな転換をしなければならない過渡期に差し掛かっています。

中小企業が人材不足の理由は日本の大きな問題である「少子高齢化」に強く紐づいています。労働人口が減少しているにもかかわらず求人数は増加。市場は、売り手市場に変化し企業が選ばれる状況に逆転しております。また、慢性的な人手不足により業務量が多く、せっかく採用できても企業に人が定着していかないという問題も多数散見されます。そのため、中小企業は今変化の時を余儀なくされています。それは、SaaSやRPAなどのDXサービスを用いた業務効率の改善です。

しかし、SIerやITコンサルティング企業がターゲットとしているのは大企業。日本の政策として中小企業のDX推進を掲げてはいるものの、進んでいない現状があり、これは日本の大きな問題です。

これまでdipは15万社を超える中小企業の労働力の課題解決をしてまいりました。おそらくHR業界の中でもトップクラスと自負しております。採用という中小企業にとって命とも言える「人」の課題解決をしてきたdipだからこそできることがある。そう考え、dipが参入すべき市場だと考えています。

◆中小企業だからこそワンストップで支援を。豊富な人材データを元に一つのプラットフォームを作っていきます。

煩雑で属人的な業務フローを敷いている中小企業は多数存在しています。現状、業務管理系のクラウドサービスは無数にありますが、中小企業では、一人の方が複数業務を兼務されているケースが多いため複数サービスをそれぞれの窓口へ問い合わせたり、管理する工数が多分に発生し、中小企業にとってフレンドリーであるとは言い難いです。

dipは、1つの窓口からさまざまなサービスをワンストップで提供/定着支援をすることで、中小企業にフレンドリーなサービスを提供したいと考えています。
dipにはこれまで25年間、中小企業をターゲットにしてきた営業基盤があり、導入後のサービス定着を支援するCSの仕組みもすでに整っており、中小企業に十分に寄り添ったサービス提供を可能にします。
ただ、業務すべてをシステム化することは難しく、人の介入が必須な部分も存在しており、その場合はBPOを通じ効率化の支援を行っています。
dipは単なる求人広告媒体企業ではなく、労働力の総合商社へ。中小企業の良きパートナーとして歩んでいきます。

◆人を人らしい仕事へ、人が働く意義をもつためには”時間”が必要です。

歴史を遡ると、機械による第1次産業革命、電気による第2次産業革命、コンピューターによる第3次産業革命を経て、人の”生活”は豊かになってきました。そして、現在はDXによる第4次産業革命の真っ只中です。この産業革命は従来のものとは違い、人の”心”を豊かにする産業革命だとdipは考えています。
DXサービスを駆使した業務効率化によって捻出された時間は、余白をもたらします。その余白で、より人間らしいクリエイティブな仕事を行う時間や、家族やパートナー・友人との時間、副業の時間、自己研鑽や趣味の時間など、個人個人によって自由に過ごされます。これは、労働者の価値観の変化や働き方改革の影響が大きいです。
仕事はお金を稼ぐだけのものという考え方から、ワークライフバランスという「働きがい」を求めている考え方にシフトしている社会の中で、「時間」が最も重要であり、「時間」を作るということは日本のためになると考えています。

実際に、dipは自社内でDXを推進し、年間20万時間(1日あたり1人2時間)の削減に成功しています。実際に販売するメンバー自身が業務改善
の実感があるため、自信を持って提案できます。そのため、事業開始から1年3ヶ月程度で、6000社以上の導入実績があり、月に400社のペースで導入がされています。

どんな仲間がいるのか

転職ドラフトに参加して
企業から指名を受け取ろう!
会員登録をして転職ドラフトに参加すると、参加企業から年収付きの指名を受け取ることができるようになります。
会員登録する

入札参加回数

4回

会社情報

代表者名冨田 英揮
設立年1997年
上場東証一部上場
資本金1,085百万円
売上高
従業員数2173人
平均年齢
住所東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
会社HPdip-net.co.jp
TECH BLOGhttps://developer.dip-net.co.jp/
GitHub未入力
Qiita Organization未入力

求める使用技術

  • Python
  • JavaScript
  • Ruby
  • C#
  • Django
  • Vue.js
  • Next.js
  • Node.js
  • Rails
  • SQL
  • MySQL
  • MongoDB
  • Redis
  • kintone
  • Git
  • GitHub
  • Redmine
  • esa.io

ディップ株式会社の文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

休みと時間

選考

共に働く人

SIGN UPSIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?