次回ドラフト参加予定
「社会的意義」や「意味」があるものを 連続的に生み出す孵卵器となる

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社

何をやっているのか

【デジタルによる多様性を目指して】
工業的な生産工程や近代の誕生過程で生まれた多くの〈制約〉が製品や社会や我々の生活の多様性を阻害しています。デジタル技術による生活空間・生産工程・社会制度への自然な漏出は、今の世界を、再び多様で柔和な均衡点へと導こうとしています。我々はDigitally Rebalancedーー世界をデジタル技術の観点から俯瞰し、その変化の一因となる機能を有します。現場のデジタルトランスフォーメーションや、物理世界のデジタル化、視聴触覚体験での新価値機軸の創造、デジタルと物理世界を繋ぐインターフェース領域の技術革新を通じ、社会変革の原動力となることを目指します。

たとえば、withコロナ時代のBCPソリューション「magickiri™」、空間データを用いたDXアプリケーション開発プラットフォーム「KOTOWARI™」、⽿の⾃由・不⾃由にかかわらず、⾳楽を⾝体で楽しめる「SOUND HUG™」等をはじめとしたプロダクト/ソリューションを展開しています。我々は、変容する社会像や未来像を共に探るパートナーとして、アカデミックから現場の問題解決まで通貫して課題解決を提案できるプラットフォームでありたいと考えています。

なぜやるのか

【技術を生み出し、育て、社会課題を解決するという新たな仕組みづくりに挑む】
当社では、日本のアカデミアに対する課題感から、「アカデミア発の技術を、社会に存在する課題・ニーズドリブンで、連続的に社会実装する仕組みを作る」ことを目指しています。日本では良い研究が生まれたとしても、マネタイズする力が弱く、結果的に研究サイドに資金が還流しにくい状況になっています。この課題を解決するため、大学発のシーズを会社の中で育て、様々な企業や自治体の課題解決に繋げることで得られる対価を大学に還元する。「生み出し、育て、社会実装する」という一連の仕組み全体を作りたいというのが、当社設立背景にある想いです。

ただし、アカデミア発のみにこだわっているわけではなく、課題・ニーズドリブンでテクノロジーを用いて社会課題解決を行うため、社内のエンジニア達でゼロから開発するものもあり、現在進行中のプロジェクトには大学発・社内発いずれも存在しています。

どんな仲間がいるのか

【多様なバックグラウンドを持つメンバーが集い、社会課題解決を目指す】
現在、メンバーは約70名。前職は、大手メーカー、コンサル、ITベンチャー、官公庁出身者など多彩なメンバーが集まっています。
エンジニアと事業開発のメンバーは、事業開発本部という同じ組織に所属して連携しながら、様々なプロジェクトを同時並行で進めています。多様なバックグラウンドのメンバーが在籍しており、互いの専門性を理解・リスペクトしながら切磋琢磨し、「先端テクノロジーによって社会課題を解決する」ことに向かいチャレンジできる環境です。

転職ドラフトに参加して
企業から指名を受け取ろう!
会員登録をして転職ドラフトに参加すると、参加企業から年収付きの指名を受け取ることができるようになります。
会員登録する

入札参加回数

5回

会社情報

代表者名落合陽一
設立年2017年
上場非上場
資本金40億6232万6100円
売上高
従業員数70人
平均年齢38.0歳
住所東京都千代田区神田三崎町2-20-5 住友不動産水道橋西口ビル4階
会社HPhttps://pixiedusttech.com/
TECH BLOG未入力
GitHub未入力
Qiita Organization未入力

求める使用技術

  • Python
  • Ruby
  • AWS
  • Rails
  • Docker
  • C++

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

楽しみ

休みと時間

選考

SIGN UPSIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?