企業が創造的な価値提供によりフォーカスできる社会を実現する

アルプ株式会社

何をやっているのか

アルプは、「企業が創造的な価値提供によりフォーカスできる社会の実現」をミッションに、SaaS・サブスクリプションビジネスの効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」を提供しています。
顧客への創造的な価値提供こそが、企業の本質的な価値です。その価値創造を支えるオペレーションが、 摩擦のない、なめらかなものであればあるほど、 企業が価値創造に対峙できるリソースや時間を創出することができると強く信じています。

Scalebaseは、SaaSやサブスクリプションビジネスを筆頭に進化していくビジネスモデルにおける複雑な契約・請求管理、プライシング・商品管理の課題をまさになめらかに、柔軟性をもって解決します。

顧客や商品の接点を柔軟に設計することで、新たなビジネスモデルへの対応を迅速、かつローコストで実現し、事業成長の基盤となるプロダクトを目指しています。
https://scalebase.com/

https://scalebase.com/

メディア事例:

すごいベンチャー100」として『週刊東洋経済』に掲載されました
https://thealp.co.jp/news20200818
SaaSやサブスク事業者の業務効率化と収益最大化をサポートするアルプが3.15億円調達
https://jp.techcrunch.com/2020/03/23/alp-fundraising/
すべてのビジネスはサブスクへと向かう 専用の管理基盤Scalebaseを提供するアルプの狙い
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2003/23/news092.html
アルプ、サブスク管理ソフト 契約や会計処理効率化- 日本経済新聞
https://s.nikkei.com/35LaCcn

なぜやるのか

代表の伊藤が前職でサブスクリプションビジネスを運用する中、決済基盤の開発や複雑なオペレーションに大きな課題を感じたことから、あるべきサブスクリプション管理、契約・請求管理の基盤を提供したいと考え、アルプの創業に至りました。

【そもそも、SaaSやサブスクリプションビジネスの運用・管理は煩雑】
SaaSやサブスクリプションビジネスの運用・成長においては、商品設計・プライシングの進化やユーザーの利用・請求実績の把握など、柔軟な変化や時間軸を含めた複雑な管理への対応が求められます。

【自社でのシステム構築は大変】
しかし、実際に自社でオペレーション基盤を柔軟性もって構築する難易度は非常に高いという課題があります。そもそもの複雑性ゆえの難易度のみならず、先の読みにくい事業の進化に対応できるだけの拡張性をもって構築するコストは極めて高いためです。

自社で構築したとしても、管理するプランや決済手段、請求のパターン、値下げやキャンペーンの対応などを都度対応し、開発を進めていくと、結果的に増改築が乱発し、スピーディーな施策が打てない、施策のシンプルさと工数がアンバランスになってしまうという状況が発生してしまいます。そうなると、結果的に臨機応変に施策を実践することのハードルだけが高くなり、自社の基盤自体が成長スピードを阻害する大きな要因になってしまうのです。

【既存ソリューションも限定的】
一方で、既存のソリューションも限定的です。既存の販売管理システムでは、時間軸を含めた柔軟な管理には限界がありますし、まだ海外のパッケージでも日本へのローカライズは強くないという現状があります。

【マーケットとして未来がある】
その観点で、日本でのこの領域は、まさにこれから立ち上がらんとするマーケットという点でも、また未来の販売管理領域を担うプロダクトになれるという点でも、非常に大きくチャンスのあるマーケットだと考えています。

【サブスクリプションの課題を知り、強いエンジニアリングで課題解決できる我々だからこそできる領域】
アルプは、サブスクリプションのオペレーション基盤を構築運用してきた経験のあるメンバーと、様々なプロダクト開発経験に従事してきた強いプロダクトチームの集まりです。我々だからこそ、日本にフィットした、柔軟、かつ拡張性あるデータモデルを携えたサブスクリプションの販売管理プラットフォームを提供できると考えています。

【顧客への価値提供 = プロダクト+ カスタマーサクセスを通した課題解決と事業成長】
なお、我々の領域はプロダクトの提供だけで何とかなる世界ではなく、顧客と一緒にオペレーションを構築し、プロダクトで価値提供をするとともに、プロダクトで足りない部分を我々が補完し、また共に解決していくことで、真に顧客の課題解決と事業成長が実現できると考えています。「顧客との伴奏なしに一貫性ある価値は提供できない」と信じ、カスタマーファーストをコアコンピタンスとするアルプだからこそチャレンジできる領域なのです。

どんな仲間がいるのか

代表の伊藤はピクシブ(イラストSNS"pixiv"を運営)の元CEOであり、プロダクト開発やマネジメントにおいて長期にわたる経験があります。
プロダクト開発においてもサイバーエージェント社の動画広告配信事業における開発責任者を経て、米国事業立ち上げを担当していたエースエンジニアと、ヤフーでの事業開発とピクシブでのビジネス統括の経験を持つ人材が軸となり業務を推進しています。
また、創業メンバーに加えて10名超の優秀なエンジニアとデザイナーが、幅広い裁量と責任感を持って事業にコミットしています。

(創業メンバーの経歴)
伊藤 浩樹:元ピクシブCEO、モルガン・スタンレー及びBCG出身。
竹尾 正馬:元サイバーエージェントのエースエンジニア。開発責任者も歴任。
山下 鎮寛:元ヤフー→ピクシブのビジネス統括。

■少数精鋭で、大きなインパクトを
創業時からのコンセプトとして、少数精鋭で、大きなインパクトを出す事業を作りたいと考えています。
これは単に人数を絞るのではなく「精鋭メンバーだけを集め、各人の生産性を最大化することがゴールへの最短の道である」という信念です。そのためメンバーの生産性を向上するために必要な制度や支援は徹底して整備します。

転職ドラフトに参加して
企業から指名を受け取ろう!
会員登録をして転職ドラフトに参加すると、参加企業から年収付きの指名を受け取ることができるようになります。
会員登録する

入札参加回数

2回

会社情報

代表者名伊藤浩樹
設立年2018年
上場非上場
資本金1000万円
売上高-円
従業員数19人
平均年齢30.0歳
住所東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟22階 SPROUND
会社HPhttps://thealp.co.jp/
TECH BLOG未入力
GitHub未入力
Qiita Organization未入力

求める使用技術

  • React.js
  • TypeScript
  • Scala
  • figma
  • Apex
  • DDD

アルプ株式会社の文化

スキルアップ

会社

快適さ

開発

楽しみ

休みと時間

選考

SIGN UPSIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?