2018/08/29

自己推薦機能のメリットをご説明します!

https://jdraft.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/blog/400059ce-0f2c-4fe9-9d9a-cb7864c7d568.png

こんにちは!
転職ドラフト運営です!

先日リリースされた自己推薦機能についてアンケートを実施しましたところ、
「使ってみたいけどメリットがわからない」、「どんな魅力があるのかわからない」
といったお声を多くいただきました。
なので今日は自己推薦機能サービスのメリットについてご説明したいと思います。

メリット1 面接前に年収がわかるから無駄な面接がいらない!

まずはこれ!転職ドラフトの大きな仕組みといえばやっぱり先に年収がわかることではないでしょうか?
自己推薦でもこの仕組みは健在です!

転職ドラフトでは
「企業から指名されると、その時一緒に年収が提示される」
仕組みでしたが、自己推薦では
「ユーザが応募すると、企業がレジュメを読み、企業が会ってみたいと思ったら、その時に年収が提示される」
仕組みになりました。

もちろん、年収が提示された後で条件が合わないなーと感じたら会わずに断ることも可能です。ここもドラフトと一緒ですね。
自分から求人に応募する仕組みでも、これからは年収が先の時代にしていきたいですね!

メリット2 企業じゃなくてチームに応募できるからより具体的にマッチできる!

これまでのように企業単位に応募するのではなく、チーム単位に応募できるようにしました。
同じ企業の中でもチーム毎に文化が全然違うなんて経験はありませんか?
そう思うと自分がこの企業に合うかどうか?よりも、実際に働くチームに合うかどうか?がわかるようになったほうが良いと思ったのです。
実際にそのチームの中の人も見えるようにしたので一緒に働く想像もしやすいと思います。

メリット3 企業の課題がわかるから具体的に経験ややりたいことをアピールできる!

自己推薦機能のイチオシポイントが課題がわかることです。
これまでの求人って 「実際にどんな仕事を期待されているのか? 」、 「どんな課題感を感じて今採用をしているのか? 」、 「自分がこの企業に入って活躍できるのか? 」等を求人情報を見てもよく分からなかったと思います。
自己推薦ではこれらをできるだけしっかりと書いてもらっており、求人の公開前に転職ドラフト運営による課題の審査も行われています。

メリット4 指名期間外に使えるからいつでも転職ドラフトが使える!

そしていつでも転職ドラフトの仕組みで転職できる!
今までの転職ドラフトはどうしても年に6回の開催に合わせてしかサービスを利用出来ませんでした。
それにはそれで色々なメリットがあるのでそうしているのですが、 好きなときに使える ようにできたことはやはり大きいと思います。

まだ始まったばかりなので分かりづらいこともあるかもしれませんが、今後もクオリティを上げていくことで やりたいこと経験があって活躍できそうか などが会う前にわかるようにしていきたいと思います。

以上自己推薦のメリットでした。
いかがでしたでしょうか?自己推薦をご利用いただくメリットが少しでも伝われば嬉しいです!
もし機会がありましたらお気軽に使ってみてくださいね。
よろしくおねがいします!

「エンジニアの価値は世界が決める」転職ドラフト2020年10月21日開催予定!

企業があなたを年収付きで指名する「転職ドラフト」。
ITエンジニア限定の転職サイトです。

「私の実力ではいくらの年収を提示されるのか」
「市場価値を上げるには、今後どんなスキルを身につけるべきなのか」

提示年収を見てから選考に進むか決められるから、転職意欲が高くなくても大丈夫。
自分の年収を知りたいからという人も、ぜひお気軽にお試しください!

転職ドラフト
次回開催まであと
27
登録・審査申請はお早めに!
ご意見箱

要望、不具合報告、使いづらい点や感想など、なんでもお気軽にご連絡ください。

取材をご希望の方
転職ドラフト Reportの取材を受けたい企業様・ITエンジニアの方はこちらからその旨お問い合わせください。
SIGN UPSIGN IN


このサービスを友人に薦めたいですか?